記事

前場の日経平均は反発、円安が支え 貿易摩擦への警戒くすぶる

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日89円16銭高の2万2827円77銭となり、反発した。欧州中央銀行(ECB)理事会や堅調な米経済指標の発表を経て、ドル/円が110円半ばで円安気味に推移し株価を支えた。

日経平均は高く寄り付いた後、利益確定売りに押され、いったん上げ幅を縮めた。その後は徐々に持ち直したが、引けにかけては方向感に乏しい動きに移行した。

日銀の金融政策決定会合の結果発表控え、市場では「無難な通過がメインシナリオだが、万が一ということもあって、海外勢を中心に結果を見極めたい向きもあるようだ。米中貿易摩擦への懸念も重しになった」(SBI証券・投資情報部長の鈴木英之氏)との声が出ていた。

TOPIXは0.26%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆1599億円。セクター別では石油・石炭が上昇率トップ。医薬品、陸運、鉱業も上げが目立った。一方、ゴム製品、金属製品、機械などが下落率上位に入った。

東証1部の騰落数は、値上がり900銘柄に対し、値下がりが1069銘柄、変わらずが115銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。