記事

社会的責任(CSR)の名の下に行われる企業の植林活動への違和感

CSRに対する問題意識。

数年前、温暖化問題が強くフォーカスされていたためか、現在CSR(企業の社会的責任)活動と言えば環境保護が主流になっています。

CSRレポートと言わず、「環境レポート」を発行している企業も多いです。端的に言えば、CSR=エコでグリーンな活動、みたいな文脈がある、ということです。

社会的責任を果たすためにグリーンな活動をすることは、それ自体は素晴らしいことですが、「とりあえずCSRとして植林やっておけば良い」的な価値観は、もうそろそろナンセンスになりつつあるように感じます。

ではどうすべきか、という点については、既に多くの方々が語っている通り、「本業に関連したCSR活動」は模索すべき方向性の一つでしょう。

この分野ではユニクロが進んでおり、グラミン・ユニクロを設立しソーシャルビジネス(社会的な課題をビジネスで解決する手法)を実践していたり、UNHCRと提携してリサイクルした服を世界中に寄贈していたりします。

「服」の製造・販売を行う企業として、社会的な課題の解決に取り組む意思を感じさせる取り組みです。

リンク先を見る

ファーストリテイリングCSRレポートより)

市場調査を専門とするインテージは、社会的課題の解決をサポートするために「Social Overview」というレポートを発行しています。これまでに2回分のレポートが提供されていますが、NPO/NGOにとってはマーケティング戦略に関わる重要なデータとなりつつあります。これも「本業に関連したCSR」と言えるでしょう。

インテージのような「NPOのサポート」は多くの企業が実施できる「本業に関連したCSR」だと思います。

社内にいる様々な分野のスペシャリストは、NPOにとって超貴重なリソースになります(いわゆる「プロボノ」活動)。

プロボノの推進は、素晴らしいCSR活動の一つだと思います。サービスグラントさんが企業とNPOのプロボノマッチングを事業にしているので、関心がある方はぜひ(NEC、IBMも実践しています)。

「NPO支援」より上のレイヤーでは、ユニクロのような「ソーシャルビジネス」、リコーなどが模索する「BOPビジネス」が、これからのCSRの方向性となっていくでしょう。

スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ―画像を見る」で描かれているように、不況を受け、消費者の意識は変化しています。

「社会的責任」という名の下にエコでグリーンな活動を続けているだけでは、特に評価もされませんし、「時代遅れでナンセンス」だとすら思われるようになっていくと僕は考えます。

企業は素晴らしいリソースを持っています。本業を通じて社会的課題の解決に寄与することは、従業員にとってもモチベーションの維持向上につながります。

植林活動も素晴らしいですが、CSR活動をもう一段階上のレベルにしていくことを、ぜひとも模索して欲しいものです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。