記事

ユーロ大幅安、ECBの低金利見通し受け=NY市場

[ニューヨーク 14日 ロイター] - ニューヨーク外為市場はユーロが対ドルで急落し、1日の下げでは英国の欧州連合(EU)離脱が決まった約2年前以来の大きさとなった。欧州中央銀行(ECB)が来年夏にかけて金利を現在の水準にとどめる見通しを示し、驚きが広がった。

この日の理事会では、量的緩和の年内終了や金利据え置きを決めた。ユーロ圏成長鈍化の兆しや、イタリアの政治混乱、世界貿易を巡る緊張が要因となった公算が大きいとみられている。

緩和政策維持の意向が伝わると、ユーロに強気だった見方が圧迫され、ドルや円に買いが入った。

ユーロは対ドル<EUR=>で一時、1.16ドルを割り込み、2週間ぶりの安値を付けた。直近では1.58%安の1.1602ドルと、英EU離脱決定翌日の2016年6月24日(2.37%安)以来の大幅安を記録した。

対円<EURJPY=>では1.3%安の128.36円。1日では2週間強ぶりの大幅安となった。

ECBが来年7月までに金利を10ベーシスポイント(bp)引き上げると市場が織り込む予想確率は現時点で30%。この日は先に約80%の水準だったが大きく低下した。<ECBWATCH>

13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後にロイターがプライマリーディーラーを対象に実施した調査によると、連邦準備理事会(FRB)は年内あと2度利上げを行い、来年は3度の利上げが見込まれている。

FRBは同日、市場の予想通りにFF金利の誘導目標を1.75─2.00%に引き上げることを決定した。

市場関係者の1人は「米欧の金利差が拡大し、ドルが恩恵を受ける」と指摘した。

今週は米欧中銀の動きが注目されたが、成長鈍化を示す最近の兆候を踏まえ、日銀の刺激策変更予想はほぼ皆無となっている。

ドル/円 NY終値 110.62/110.64

始値 109.99

高値 110.69

安値 109.98

ユーロ/ドル NY終値 1.1567/1.1571

始値 1.1823

高値 1.1851

安値 1.1563

(表はロイターデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  7. 7

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  8. 8

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。