記事

マット・デイモンの受難

マット・デイモンが「オーシャンズ8」のカメオ出演シーンを全部カットされたという。

原因はマット・デイモンが「#MeToo」運動に対して、「(レイプから接触まで)セクシャルハラスメントには幅がある」と主張したからである。

これは、わしの「セクハラにはグラデーションがある」という主張と全く同じである。

マット・デイモンは、「#MeToo」運動の「声をあげていく」という趣旨には賛同を示しつつ、「あらゆる行為を、ひとくくりにすべきではない」と言っている。

これも、わしの主張と全く同じだ。

ところがアメリカでは、マットの発言に対してマリッサ・ミラノら女優たちが反発。
一般女性たちからも、「被害に遭った女性たちは誰もが傷ついている」といった反論が続出。
マットは「しばらく口を閉じることにするよ」と謝罪する羽目になったらしい。

ところがそれでもマットへの反感は収まらず、「オーシャンズ8」の出演シーンカットを求める運動が活発化し、これに映画会社の方が屈服することになったのである。

日本では、わしが何度、マット・デイモンと同じことを主張しても、ヒステリックな抗議が来ないし、漫画を描けなくなることはない。

ただしそれは小林よしのりが強力すぎて、触れられない存在になっているからかもしれない。

左翼・フェミニズムは文化を滅ぼす。
今は全マスコミがこれを煽っても、庶民レベルには浸透してはいない。
大衆化した者だけが左翼イデオロギーに染まっていく。

左翼・フェミニズムは表現の自由を奪い、文化を滅ぼす。

警戒せよ、日本人!

あわせて読みたい

「小林よしのり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    照射問題 新証拠公開で決着図れ

    城内実

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    高校教育に古典は本当に必要か

    Dain

  9. 9

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

  10. 10

    元官僚 プロレスでいい日韓関係

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。