記事

米アップルがiOSの設定変更、フォレンジックツールに対抗

[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は13日、iPhone(アイフォーン)の基本ソフト(OS)「iOS」の設定を、捜査当局などが端末データを復元・解析しにくくするように変更すると明らかにした。

アップルはロイターに対して、特に警察ないし犯罪組織がアイフォーンを簡単に押収できるような国を含め、すべての顧客を守るとともに、電子的な侵入技術がさらに拡大するのを防ぐことを目指していると説明している。

具体的には端末の情報が「フォレンジックツール」と呼ばれる専門の機械でUSBポートを通じて解析できる時間を1時間以内に抑える。セキュリティーの専門家によると、これで情報へのアクセスを大幅に遮断できる可能性があるという。

設定変更はiOS11・4および12のベータ版に書き込まれており、今後のリリースから新設定が常態化される。

フォレンジックツールの機械は専門会社が複数の国の法執行機関に1台数千ドルで販売しており、1台当たりの解析を最低50ドルで請け負っているという。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  6. 6

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  7. 7

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  8. 8

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  9. 9

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

  10. 10

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。