記事

国家の「祝意」を辞退した是枝監督の立ち位置と日本映画界を覆う大変化

1/2

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督(©GettyImages)

 是枝裕和監督がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したことに対して国が「祝意」を示し顕彰しようとしたのを、本人が「辞退」したとして話題になっている。久々に拍手もののニュースだった。是枝さんは6月7日、ブログでこんなふうに書いた。

《映画がかつて、「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさなようですがこのような「平時」においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています。》

http://www.kore-eda.com/message/20180607.html

『祝意』に関して

 是枝さんにはこれまで月刊『創』で何度もインタビューしてきたし、ここ10年ほどの作品はほとんど誌面で取り上げてきたと思う。今回公開された『万引き家族』ももちろん試写会で観ているが、是枝さんらしい素晴らしい作品だ。それぞれの役者の個性ある演技も素晴らしいが、後半から結末へ向かっていく展開の見事さが、是枝作品の中でも磨きがかかっている。批評や論評もたくさん出ているからここで改めて語るまでもないが、ぜひ多くの人に観てほしい映画だ。


『万引き家族』2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

  是枝さんは、これまで映画『靖国』の上映中止事件の時や、テレビに対する国家の規制をめぐる発言など、言論表現の自由の大切さを一貫して訴えてきた。ドキュメンタリーからスタートし、インディペンデントの立場から映画を作ってきた是枝さんの日本映画界における立ち位置はかなり独自と言える。そういう是枝さんのオリジナルな映画作りが改めて注目されるのは、日本映画界そのものが今、ひとつの壁に逢着し、大きな変化にさらされているためでもある。そのことについてここで書いてみたい。

映画界で言われる実写映画の「興収20億円の壁」とは

 6月7日発売の月刊『創』7月号は映画界の特集で、4~5月に相当いろいろな取材を行ったのだが、日本映画界の現状については驚くことや考えさせられることがかなりあった。一番深刻なのは、邦画の実写ものがこの1~2年、相当苦戦している現実だ。東宝の市川南常務がこう語っている。

 「実写映画で今年に入って興収20億円を超えたのは『DESTINY鎌倉ものがたり』の30億円だけです。そのほかはヒット作でも『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』16億円、『祈りの幕が下りる時』16億円、『ちはやふる‐結び‐』18億円と、いずれも20億円を超えていません。

 もちろんそれぞれ決して悪くはないんですよ。『ちはやふる』も前の上の句/下の句はそれぞれ16億円と12・2億円でしたから、それを上回るヒットなのです。ただ、関係者はもう少し行くのではと期待していました」

 特に昨年は人気マンガ原作の実写映画が多かったのだが、そのうち当たったのは興収38・4億円の『銀魂』くらいで、『ジョジョの奇妙な冒険』も『鋼の錬金術師』も大コケと言われている。特に『ジョジョ~』はシリーズ化を謳って公開されたのに興収が10億円にも達しないため第2弾の製作が頓挫してしまったという。

 今、映画界では「興収20億円の壁」という言葉が伝えられており、今年その壁を突破できるのではと期待されているのは、今回勢いのついた『万引き家族』やフジテレビの『コード・ブルー』などわずかな作品だ。

  『踊る大捜査線』や『海猿』などの大ヒットを放ってきたフジテレビ映画事業センターの臼井裕詞局次長がこう語る。

 「10年前なら興収50億円までいったような作品でも、今は30億円にも行かないというのが日本の実写映画の現状です。最近は、ハリウッドのCG映画やディズニー映画が席巻していて、昨年1年間で40億円を超えた実写邦画は1本もありません。邦画洋画あわせて作品数も多く、劇場も毎週公開される新作に次々と入れ替えていくため、公開期間が短くなり興行成績が上がりにくくなりました。

 このままだと製作費や宣伝費も思い切ってかけられず、ますますハリウッド大作に物量で負けかねません。余裕のあった時代は実験的な企画をやることもできましたが、今はなかなか難しい。このあたりで実写邦画の復権を果たさないと日本映画が先細りしてしまうと心配です」

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  10. 10

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。