記事

橋下徹「米朝首脳会談を評論する愚」

1/2

6月12日、アメリカ・トランプ大統領と北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長との間で、史上初の米朝首脳会談が開かれた。会談後の共同声明では、朝鮮半島の非核化を宣言したものの具体的な行動や検証については言及なし。これは日本にとってどういう意味を持つのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(6月12日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

画像を見る 写真=AFP/アフロ

■トランプのおっちゃんは知っている! 局面を動かす時こそ政治家・トップの出番だ

トランプのおっちゃんが世界を引っ掻き回している。

今回のG7首脳会議では持論を譲らないし、G7での首脳共同宣言についても、米朝首脳会談が行われるシンガポールに発った後に、ツイッターで「俺はG7の共同宣言なんて承認していない」と発信。色々なところから聞いた話では、今回のG7会議はシナリオなしでのガチンコの激論だった模様。

これまでの状況を大きく動かす局面では、シナリオに沿った会議なんて全く無意味なんだよね。シナリオに沿った会議なんて、その会議以前に組織の担当者同士で話は決着しているわけで、それはわざわざトップが動かなくても組織の担当者レベルで解決できる会議であることを物語っている。

つまり国の首脳が大きく局面を動かす話ではなく、組織の官僚レベルで解決できる話だからこそ、首脳会議ではシナリオに沿った会議で何とかなるということなんだよね。

(略)

この点、トランプのおっちゃんは、大統領就任後、ワシントンの官僚ではできないことを次々とやっているね。ワシントンの官僚のシナリオ通りにトランプのおっちゃんが動かないことは、もはや世界中に知れ渡っている。

もちろんその中身については賛否両論、それもとてつもなく激しい賛否両論が沸き起こっている。それだけ動かそうとしている事態や局面、その変革が大きいということだ。

(略)

北朝鮮問題なんて、これは官僚組織の一担当者が扱えるレベルでないことは誰にも分かる。なんと言っても、まだ朝鮮戦争は継続中なんだよね。今休戦しているだけ。そして北朝鮮という超独裁国家において核兵器が着々と準備されているんだから。

こんな問題を解決するのに官僚組織の一部局、ましてや一官僚が対応できるわけがない。今回の米朝首脳会談については、特に新聞を中心に、出てくるわ出てくるわ、色んなインテリたちが持論を述べていた。でもね、ほとんどのインテリは、自分たちの領域と役割というものを分かっていない。

どの部分を政治家であり、国家のトップであるトランプのおっちゃんが担って、どの部分を専門家である官僚組織やインテリが担うのかの整理が必要で、まずそこをしっかりと整理するのが自称インテリの役割なんだ。

トップと組織、政治家と官僚の役割分担論ね。ところが、政治家がやらなければならない領域にまで口を出して、トランプのおっちゃんのやっていることを全否定する自称インテリも多いね。

このように急展開で米朝首脳会談が実現することになったけど、米朝首脳会談が決定するまでは、また決定した後も、会談を行うトランプはバカだ、アホだと偉そうに罵っていた自称インテリが多かった。準備不足だ、戦略欠如だ、ともっともらしいことを言ってね。

でもこんな戦争にもなりかねない大きな問題を解決するのに、国のトップが会談する以外に、どんな方法があるというのか。

■準備不足を批判するより、世界を動かす大号令を評価すべき

今の時代、戦争による解決はご法度だ。であれば話し合いによる解決しかない。その場合に、どれだけの政府高官であろうと、所詮組織の一員同士が会っても、解決しないものは解決しない。

北朝鮮問題の最重要事項について組織の一員が合意などできるはずがない。まずはトップ同士が会うことが全ての始まりだ。

準備不足だと批判するのは、後付けの批判。準備なんかどれだけやっても100%完璧なものなどできるはずがない。今の段階で、非核化への具体的プロセスなんて合意できるわけないじゃないか。

こんな解決困難な問題で具体的に合意をしようと思えば、官僚組織をフル稼働させなければならない。さらに米朝だけではなく、韓国、中国、ロシア、それに日本の政府だってそれぞれフルに動かなければならない。

まさに世界を動かす大号令が必要なわけで、それが今回の米朝首脳会談。大阪都構想を公約に掲げて大阪維新の会で初めて選挙に臨んだ時も、大阪都構想の具体的中身がないと散々批判を受けた。

その都度、「今回の選挙で勝てば、大阪都構想に向けての大号令を大阪府庁や大阪市役所に発することができる。具体的な中身は役所組織がフル稼働で作る」と説明したけど、誰もその意味を理解してくれなかった。

結局最初の選挙から5年という月日がかかって大阪都構想の具体的な制度案が完成した。

大変革を伴う政治案を作るには、まずは局面・事態を動かす大号令、大号砲が必要なんだ。

(略)

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  3. 3

    飲食店で汗拭きシートNGのワケ

    東龍

  4. 4

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  5. 5

    炎上収まった杉田論文を再度検証

    宇佐美典也

  6. 6

    花田美恵子さん 13歳年下と再婚

    NEWSポストセブン

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    ヤマトvs佐川 宅配戦争の最前線

    fujipon

  9. 9

    批判多い国民年金 廃止は不可能?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。