記事
  • mkubo1
  • 2012年01月26日 20:42

FOMCから見えてくる米国の実情

昨晩のFOMCと一昨晩の一般教書演説でいくつかのことを感じました。
内容には、大きなサプライズはありませんでした(ほぼ想定内でしょう)。
確かに、FOMCの2014年末まで低金利を継続するという決定は、思い切った措置だとは思います。
3年間も政策金利を上げないということ、つまり時間軸の長期化には、多分、そうしなければいけない理由があるのだと思います。

独断でFOMCの解説をしてみます(ご意見のある方はコメントへお願いします)。
まず、FOMCが、バーナンキさんが、もっとも避けたいことはどのような状況でしょうか。
これは、簡単なことで、「デフレ」もしくは物価の低下だけは、なんとしても回避したいはずです。

QE2を実施したのも、基本、デフレを回避し、なんとしても、期待インフレ率をプラスに保つことが根源的な理由です。
何回も書いたことですが、デフレになれば、インフレ率がマイナスになりますので、実質金利は必ずプラスになります。
これでは、なかなか、景気を押し上げる策など機能しなくなります。
(実質金利をマイナスにすることができませんからね)

そういう中で、3年間、金利を上げないということは、多分、FOMCの方々は、インフレなんて気にもしていないのが本音でしょう。
今の米国では、物価の大幅な上昇なんて起きないことを分かっているのでしょう。
何を気にしているのか、それは、やはり「デフレ」なのです。

そんなこと言ったって、デフレの気配は見えていないのですが、ちゃんとバーナンキさんは、発言しています。
今、最大の問題は、住宅価格なのです。
全米で、ネガティブ・エクイティを7000億ドルも抱えており、これを解消する政策は、思いつかないと発言しているのです。
このネガティブ・エクイティとは、住宅ローンの残高(借金)と現在の住宅価格の差のことを言います。
もちろん、借金>住宅価格という関係で、今、住宅を売っても、すべての借金を返せず、借金が7000億ドルも残ってしまうと言っているのです。
このマイナスが残ってしまうがために、ローン金利を下げるために、住宅ローンの借換もできません。

もっと身近で説明しましょう。
今、私が、銀行から1億円借りて、1億円分の株を買いました。
1年後、株価は半分になっていました。
今、株を売れば、私は銀行に5000万円の借金が残るのです。

困りました。
要は、個人のバランスシートが、債務超過状態になっているのです。
これでは、景気もよくなりません。

今までは、様々な政策を打ち出してきたので、その効果で、フローが回って、変なはなし、自転車操業が上手く回転していたと考えれば良いのです。
今後も、政策的に、お金を回していくつもりですから、簡単に景気が折れることもないと思います。
実際、昨年後半の景気指標は、ポジティブサプライズが多かったですよね。
政策が上手く効いていたのだと思います。

では、根本的な治療をしていこうとすると、個人の債務超過の状態を解消しなければいけません。
これが企業ですと、増資するか、内部留保を増やすかです。
増資、つまり、誰かが、資金を与えてくれるわけがありません。
結局、内部留保を増やす、簡単に言えば、働いて給与を貯めていく、借金を返していくしかないのです。

そうなのです。
フローが回っている間は、借金を返していけるので、問題はありません。
しかし、いったい、いくらお金が返せるでしょうか。
運良く、高収入の仕事でもあればよいのですが、そんなの一握りです。
多くは、簡単に貯蓄は増得ませんし、借金は減りません。

これでは、消費が盛り上がることもなく、景気は、政策に左右されるという、人工生命維持装置をつけているようなものです。
点滴をはずせば、どうなるか、まだまだ、健康体には程遠いのです。

となると、残された手段は、一つです。
実は、簡単なことなのです。

住宅価格が上昇すれば良いのです。
住宅価格が上昇すれば、ネガティブ・エクイティは劇的に減少します。

それには、時間が必要だということです。
1年、2年では、難しいのです。
FRBの理事の中に、2016年まで利上げすべきでないという方もいらっしゃるようですが、それは、こういう理由によるのです。
もちろん、時間をかけても、住宅価格が値上がりする保証なんてどこにもありません。

こういうときは、逆説的に考えると少しわかりやすいと思います。
今、景気指標も割りと良かったし、金利を上げたらどうなるのか、考えてみてください。
そんなことになると、住宅価格は、底割れする可能性が高いことは、容易に考えられます。

ということで、米国のバランスシート調整、つまり、債務超過の解消には、時間が必要だと言うことです。
住宅ローンだけで、まだ、7000億ドルもあるのですよ。
当然、それ以外にもいろいろあるとは思います。

だから、金融緩和を続けるし、量的緩和(QE)も、さらに行う可能性が高いと思うのです。

今回のFOMCで、「ああ、やっぱり、米国の病巣は深いのだな」と改めて思ったのでした。
それが3年利上げをしないというメッセージの本当の意味ではないでしょうか。
後は、ECBの3年LTRO(3年間1%での貸し出し)にも合わせたのかもしれません。

じゃあ、株は、ダメじゃないかって?
目先は、やや上値が限定的かもしれませんが、QEなどの緩和は株式市場にはプラスだと思います。
今年は、「金融緩和期待」年なので、株には、まあ、プラスだと思っています。

そういえば、英国も更なる資産買入を行う準備があると言っていましたね。
さて、日銀は、何をするのか、楽しみにしています。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  7. 7

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。