記事

「女子アナも被害」証言 テレ朝の社内セクハラ問題


【小川アナの報ステでの態度も話題に(写真:ロケットパンチ)】

 財務次官によるセクハラ問題を機に、社内のセクハラ対策に乗り出す企業が増えているが、想像以上にひどい実態が報告されることも多いという。この企業もその一社なのだが、ちょっと事情が違う。福田淳一・前財務次官に被害を受けた女性社員が所属するテレビ朝日が、問題発覚後に行なった社内緊急調査のアンケートの結果、回答者のうち社外関係者からセクハラを受けた女性は34%、社外関係者からセクハラを受けたのは56%にものぼっていた。社内アンケートには、これまで燻っていた女性社員の怒りが一気に噴出した様子が見て取れる。

 福田前事務次官のセクハラ問題発覚直後に、いち早くそうした憤りを露わにしたのが、7年間にわたり『報道ステーション』のサブキャスターを務める小川彩佳アナウンサー(33)だったといわれる。

 彼女に“異変”が起きたのは、女性記者が被害者だったことをテレ朝が公表した直後の4月19日の放送中だった。問題を取り上げた後、次の話題に移行するタイミングで小川アナはすぐに原稿を読み始めず、小さくため息をつくと、眉間にしわを寄せて、首をかしげるような仕草を見せた。

 その後、「すぅ~っ」と大きく息を吸ってから、両手を“トンっ”と机の上に置いて身を乗り出し、憮然とした様子で「さて、続いてのニュースにまいります」と立ち上がった。それが“不満の表明”に見えた視聴者は少なくなかった。

 その直前、番組コメンテーターの後藤謙次氏は「女性記者から相談を受けたときの対応は大いに反省してもらいたい」とする一方、「(テレ朝は)記者会見して事実を公表した。これはギリギリセーフだった」と発言していた。報道局関係者が言う。

「小川さんは女性記者の訴えを放置していた会社の対応に不満を持っていたと思う。だからこそ“どこがギリギリセーフなんだ”という思いが態度に出てしまったのでは」

 社内セクハラの被害に遭うのは、女子アナも例外ではないという。同社の若手社員が明かす。

「飲み会や打ち上げの席で、お気に入りの女子アナを必ず自分の隣に座らせるプロデューサーがいます。お酒が入ると彼女の肩や腰に手を回したり、太腿やお尻に手を伸ばすこともある。彼女は明らかに嫌がっていて、それを何人も見ているはずなのに咎める人もいない。局の看板番組を担当する人気アナですが、“会社に何を言っても変わらない”と半ば諦めています」

 今回のアンケートでは、社内セクハラを訴えていた女子アナもいるという。

※週刊ポスト2018年6月22日号

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    初デートで8000円の店は妥当か

    東龍

  4. 4

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  5. 5

    宗男氏 河野外相の無回答は賢明

    鈴木宗男

  6. 6

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  7. 7

    ゴーン氏は有罪? 会計士らの見解

    山口利昭

  8. 8

    HUAWEI巡り各国が米中二者択一に

    飯田香織

  9. 9

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    共演者が語るクロちゃんの裏側

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。