記事

ドローンによる新たな農業の可能性、受粉ドローン - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

 ミツバチの減少が世界的な問題となっている。農薬が原因、とも環境ホルモン悪玉説もあるが、一つだけ確かなことはミツバチが絶滅の危機に瀕することで果物、野菜などの受粉がうまく行かず今後農業に大きな被害をもたらす可能性がある、ということだ。

 こうした事態に備えるため、現在米国で進められているのがヘリ型のドローンにより花粉を散布する、という方法だ。果実の受粉には人手を用いてひとつずつ行う、という方法もあるが非常に手間と時間がかかる。これをドローンにより一気に解決させよう、という方法だ。

画像を見る
ドロップコプター社のドローン

 今年5月、ニューヨーク州シラキュースにあるリンゴ農園が世界初のリンゴ果実のドローンによる受粉に成功した、と発表した。この農園、ビーク・アンド・スキッフリンゴ果樹園では農業用ドローンの新興企業、ドロップコプター社のドローンを用い、果樹園の一部にドローンでの花粉散布による受粉を行った。

 ドロップコプターはサンフランシスコの企業で、2015年に最初の受粉用ドローンのプロトタイプを完成させた。今年になりニューヨークのジニアスNYアクセレレーターから25万ドルの投資を受けることに成功した。元々はカリフォルニア州の特産品でもあるアーモンド、ピスタチオなどの受粉を目的に設立された企業だが、試験的運用では全体の15%程度の受粉に成功したという。ジニアスからの投資はリンゴなどニューヨーク近郊の特産品の受粉を目指したもので、5月の散布が第1回目の試みとなった。

 ドロップコプター社によると、ミツバチの減少により今後ハチを使った受粉は非常にコストのかかるものになる。10年間でコストが倍増する、という調査結果もあるほどだ。そこでドローンを導入することにより、コストを抑え確実な受粉を提供するのが目的だ。

夜間散布モデルも開発

 今回のジニアスとの提携事業は1年間が予定されており、ドロップコプターはジニアスから得た資金により同社のドローンを改善、特に夜間に自動飛行、花粉散布が行えるモデルを開発する。ハチは夜間には飛ばないため、ドローンを使えば従来の倍以上の効率での受粉も可能になる、と同社では主張している。

 さらに同社がドローンを使うことのメリットとして強調するのは、ドローンによる受粉が農作物保険の代わりになれる、という点だ。商業化が進んだ米国の農家の多くは不作などに備えて損害補償保険に加入しているが、この保険料が経営を圧迫するものになっている。しかし保険がなければ悪天候などのため収穫量が大幅に落ち込んだ際の減収につながる。

 たとえば今年、カリフォルニア州では2月に入り低気温と雨が続いたためアーモンドの開花が大幅に遅れ、サクランボの開花と重なってしまった。受粉を請け負うミツバチ農家の数が限られているため、アーモンドの受粉が長引いたことでサクランボの受粉が大きな影響を受けた。しかしドローン受粉を導入すればこうしたリスクは回避でき、保険に加入する必要も低減する、とドロップコプターではアピールしている。

 今回のニューヨークのリンゴ果樹園の導入では、果樹園の一部だけにドローン受粉を行うことで、残りのハチや人手を使った受粉地域との比較結果が得られる。もしドローンを使った方が受粉確率が高く、つまりは収穫高の向上につながる、という結果が出れば、来年以降もドローン受粉を他の作物にも広げていく方向で計画が進められている。

 技術の進歩が農業を救う、という話ではあるのだが、環境保護団体などからは「まずハチの絶滅を救うことが先決」という批判もある。ドローンや無人飛行機による広範囲の農薬散布がハチの生息区域を脅かし、今日の状況を作り上げた、という疑念もあるためだ。農業の自動化は未来の食糧確保に役立つのか、あるいはマイナス面も多いのか、今後の検証が必要とされている。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    苺ブッフェ 持ち帰りOKは画期的

    東龍

  5. 5

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  6. 6

    肺炎より地元行事? 大臣は無責任

    大串博志

  7. 7

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  8. 8

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナを政府批判に利用する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。