記事

W杯ロシア大会は木製スプーン「ロジキ」で応援、ブブゼラより静か

[モスクワ 11日 ロイター] - 14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、応援用の楽器として、数本を打ち合わせて音を出す「ロジキ」と呼ばれる木製スプーンが使用される。

2010年W杯南アフリカ大会では、観客がプラスチック製の携帯ラッパ「ブブゼラ」で大音量を放った。これに対してロジキは、スプーンで手や体で叩いたりして音を出す。叩いている間、ひっきりなしに音が出るものの、音量は小さくなる。

慣れないサポーターのために、叩くのが簡単なプラスチック製のものも販売されるという。

大会の公式楽器には、デザイナーのルスタム・ヌグマノフ氏が制作した色付きの「勝利のスプーン」が選ばれた。同氏は「伝統的なロシア楽器で、ロシア文化の価値を示す楽器を選ぶに当たり、ほかにもトレショートカ(鳴子)などの選択肢があった。ブブゼラのようにならず、リズムを生み出す楽器を選びたいと考え、ロジキに決まった」と話した。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    照射問題 新証拠公開で決着図れ

    城内実

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    高校教育に古典は本当に必要か

    Dain

  9. 9

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

  10. 10

    元官僚 プロレスでいい日韓関係

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。