記事

【瞬間湯沸かし器】

先週のG7サミット=主要7か国の首脳会議の議長を務めたカナダのトルドー首相は、「え、何が起きたの?」と思っているのではないでしょうか。

土曜日に「アメリカの言いなりにならない」と述べたことをきっかけに、トランプ大統領やトランプ政権から個人攻撃を受けていて、米朝首脳会談が開かれるシンガポールでもポンペオ国務長官が記者に聞かれています。

いくら仲良くても、何かのきっかけと瞬間湯沸かし器のトランプ大統領と対立しかねないようです。

[画像をブログで見る]

Washington Postによると、トランプ大統領がカナダのトルドー首相を不誠実(dishonest)で弱虫(weak)だと批判し、G7声明を認めないとツイッターに書き込みましたが、トルドーのもとの発言は「(アメリカの)言いなりにならない(Canadians will not be pushedaround)」というものです。

さらに、トランプ政権が安全保障を根拠に鉄鋼とアルミ製品に輸入制限措置を発動したことについて「ある意味侮辱だ(kind of insulting)」とも述べて、報復関税をかける方針を改めて示しました。

これについて米国家経済会議のクドロー委員長は10日、CNNテレビに対して、史上初の米朝首脳会談を前に外交上、弱腰だと受け止められるのを避けるための対応だったとトランプ大統領の姿勢を擁護。

同じ日、通商政策を担当するナバロ大統領補佐官はFOXテレビに対して、トルドー首相を名指しして「地獄にふさわしい場所がある(there is a special place in hell)」と発言したとも報じています。

The Hillによりますと、欧州勢がトルドー応援。EUのトゥスク大統領が10日のうちに「トルドー首相には楽園にふわさしい場所がある(There is a special place in heaven for Justin
Trudeau)。カナダ、完璧なG7運営をありがとう」とツイートしました。

New York Postによると、米朝首脳会談のためにシンガポールを訪れているポンペオ米国務長官は「外交関係にはいらいらはつきものだ(There are always irritants in relationships)」と述べたと報じています。

そのうえで「アメリカとG7のほかの各国の間の強固な関係は続くと信じている」とも。

そうこうしているうちに11日になって俳優のロバート・デニーロも参戦USA Todayによると、カナダのトロントで開かれたNobu Hotelのくわ入れ式でデニーロが「わたしの大統領のばかげた行動をお詫びしたい。恥ずかしいことで、トルドー首相はじめ、G7の関係者に謝罪したい。最低な行為だった」と述べたと伝えています。

影響はさまざまなところに広がっています。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  6. 6

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  7. 7

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  8. 8

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  9. 9

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

  10. 10

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。