記事

野党の中での立憲民主党と国民民主党の立ち位置と存在感

新潟県知事選挙の結果を見て一つだけ確実に言えることがある。

今回の新潟県知事選挙では、野党の中で勝った政党は一つもなかった、ということである。

無所属の会を始め、維新や希望を除くあらゆる野党が落選した候補者の陣営に参集したが、党首クラスが全員顔を揃えても候補者を当選させることが出来なかったのだから、一人区で候補者を一本化して選挙戦に臨んでも勝利は覚束ないぞ、ということだ。

応援団で目立ったのはやはり共産党系の反原発の闘士や、安倍内閣打倒を叫んだ勇ましい方々だったろうが、結局勝てなかったということだから、無理に候補者を一本化しても殆ど意味がないということだ。

やはりそれぞれの政党の個性や主義主張を明確にして、真正面から戦いを挑む方が次に繋がりそうな気がする。
選挙の時だけ一緒で、普段の政治活動は別々だということになると、万一一本化した候補者が当選してもその人は支持団体の間で股裂き状態になって独自の活動は殆ど出来ない、ということになりかねない。

対決一本槍の立憲民主党と、対決もするが解決も大事にしようとする国民民主党が同じ路線を歩むことはまず期待出来ない。
いずれは別れる運命ならば、初めから別々の道を歩んでいた方がお互いにとっていいんじゃないかしら、というのが観客である私の感想である。

岡目八目という言葉があるように、傍観者だから見える手筋もあり得る。

今回の選挙結果を見る限り、立憲民主党も国民民主党も野党陣営の中での勝者とはちょっと言えない。
自ずから優劣はついているだろうが、しかし必ずしも決定的な差がついている、というわけではなさそうだ。

すべては、これからである。

国民民主党は、他の野党とはちょっと違った色合いを出しておいてもよさそうである。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫に甘いテレ朝? 報ステに苦情

    渡邉裕二

  2. 2

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    宝くじより給料「積み上げ」せよ

    MONEY VOICE

  5. 5

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  6. 6

    田原氏 G20で安倍首相に存在感

    田原総一朗

  7. 7

    中国人活動家の主張にNHK加担か

    和田政宗

  8. 8

    社説で見えた毎日の軍事オンチ

    清谷信一

  9. 9

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  10. 10

    秋篠宮家から情報流出が続く背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。