記事

是枝裕和監督 早稲田の授業では「違う立場の人に光を当てよ」

是枝裕和監督 早稲田の授業では「違う立場の人に光を当てよ」

 第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞「パルムドール」に輝いた是枝裕和監督の『万引き家族』が、6月8日公開となった。同賞を受けた日本映画は21年ぶりのこと。先行公開された6月2日、3日の2日間で、動員15.3万人、興収1億9371万円(全国325館326スクリーン)を記録。早くも大ヒット作の予感を見せた。

 是枝監督は、『地獄門』(1954年)の衣笠貞之助監督、『影武者』(1980年)の黒澤明監督、『楢山節考』(1983年)・『うなぎ』(1997年)の今村昌平監督に続き、日本人監督としては4人めの「パルムドール」受賞者となる。

 そんな是枝監督、じつは早稲田大学基幹理工学部表現工学科の教授を2014年4月から務めている。是枝監督自身も早大第一文学部卒。後輩たちに、いったいどんな授業を行っているのか、学生に聞いてみた。

「是枝さんはいくつか授業を持っているのですが、私が受講しているのは、おもにフィクション映画を制作する授業です。毎週2コマ連続で、期間は1年間。受講する学生は30人程度です」

 その授業は、学生の自主性が問われる厳しいものだ。

「2〜3カ月かけて脚本を作り、企画書を作りプレゼンして、投票で選ばれたものを、5〜6人の班に分かれて制作を始めます。機材のレンタル、演者のオーディション、予算管理など、すべて学生が行います」

 監督は、学生たちにこうアドバイスするそうだ。

「実際にあった出来事を題材に脚本を書くとき、『このニュースなら違った角度で見てみたら?』と教えてくれるんです。例えば、犯罪の被害者と加害者という立場ではなく、違う立場の人に光を当ててみよう、という具合です。是枝さんは常々、『これは映画を作る授業だけど、映画制作者を養成するためじゃない。映画を作ることに学びがある』と言っています」

 もちろん、映画の技術的なことについても、出し惜しみなく教えてくれるという。

「企画書を書くときには、『参考にしてください』と、『誰も知らない』(2004年)の企画書の草稿を配ってくれました。絵コンテが上手く描けないと相談したら、『海街diary』でどんな図を描いていたか詳しく教えてくれるんです」

 学生がたくさん寄ってきても、嫌な顔ひとつせずに応じるという是枝監督。「パルムドール」の授業を受けられる学生たちがうらやましい。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  6. 6

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  7. 7

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  8. 8

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  10. 10

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。