記事

「絵本」で中国人親子の心を掴んだ日本の出版社 - 中島恵 (ジャーナリスト)

1/2

今、中国の書店に足を運ぶと、目覚ましく洗練されてきたことに驚かされるが、中でも目を引くのは絵本コーナーの充実だ。中国に絵本を広めたのは、実は日本の出版社、ポプラ社だ。同社は2005年に中国初の絵本専門書店をオープンした。以来、中国の親子から厚い支持を受けるようになったが、同社は中国でどのように絵本を広め、中国人親子の心を掴んだのか。北京蒲蒲蘭(ププラン)文化発展で副総経理、上海・広州でも董事長兼総経理を務め、中国事業に長く携わる北村明氏にお話をうかがった。

画像を見る
北京蒲蒲蘭の店内。子どもだけでなく大人もワクワクするような設計が魅力的(写真提供:ポプラ社)

――そもそも、御社が中国事業に乗り出すきっかけは何だったのでしょうか?

北村氏:1995年に弊社の前々代表である坂井宏先が中国を訪れたとき、絵本がほとんどないという現実を見て驚き、この国に絵本文化を広めようと思ったことからでした。2000年に北京事務所を開き、04年に現地法人を設立。その後、上海、広州にも事務所を開き、現在に至っています。

 弊社には日本で児童書出版社としての長年の経験とノウハウがありましたので、何とか中国の子どもたちに優れた絵本を届け、中国で絵本文化を育成できたらという思いから中国で絵本事業を推進してきました。中国で書店のライセンスを持っている外資系企業は、今のところ弊社だけです。

――中国には「絵本」がなかった、ということに驚きました。

北村氏:「図画書」や「少児書」と呼ばれる子ども向けの本はあったのですが、どちらかというとお勉強もの、啓蒙的な内容が多く、また、絵は挿絵的な要素が強く、日本人が想像するような自由な「絵本」は存在しなかったといっていいと思います。「絵本」という言葉は今、ようやく中国に浸透するようになってきたのですが、これは日本語の「絵本」から “中国語になった言葉”だと思っています。  

――そうなんですね。北京に絵本専門書店を開いたとのことですが、具体的にはどのような事業を行っているのでしょうか?

北村氏:主に2つの柱があります。1つは書店経営と卸し販売事業です。05年に北京に絵本専門書店を開いて以降、上海にも書店を開き、実際に親子が絵本を自分の手で取って読めるショールーム的な場を提供してきました。北京は中心部の建外SOHO地区にあり、近隣に住む親子が通ってきています。上海は上海高島屋の店内に出店しています。どちらの店舗でも絵本の読み聞かせ会などの読者向けイベントを行っています。卸し販売事業は現地の書店や図書取次企業などへの卸し販売です。

画像を見る
上海蒲蒲蘭。百貨店の中にあり、親子で行きやすい(写真提供:ポプラ社)

画像を見る
定期的に行われている読み聞かせの会(写真提供:ポプラ社)

 もうひとつは出版事業です。中国の出版社との提携出版の形で、04年に蒲蒲蘭絵本館ブランドの翻訳絵本の出版を開始し、06年には初めて中国の絵本作家によるオリジナル絵本も出版しました。07年には日本で大ヒットした絵本『くまくんのあかちゃん』シリーズの中国語版(『小熊宝宝』)も出版。これは累計販売数が約1000万冊を超えました。2014年には蒲蒲蘭絵本館ブランドの絵本は400タイトルにまで増え、中国の方々に広く読まれています。

 2017年の時点で、中国の出版社数は580社以上あります。主に国営の出版社で、そのうち児童書専門出版社は30社以上あります。児童書の市場は今、とても好調なので、一般書の出版社も児童書の出版に乗り出してきているというのが現状です。

――日本では考えられないことですが、それはやはり、一人っ子政策により中国人の子どもに掛ける情熱というか、教育熱心さ、経済的なゆとりなどが関係しているのでしょうか?

北村氏:そうですね。2011年に中国で行われた人口調査によると、中国の0~6歳の子どもの数は約1億3000万人で総人口の約10%でした。2015年に一人っ子政策を撤廃して以降、出生人口は小幅ながら増加しています。国家統計局によると、都市部の家庭では、子どもの教育にかける費用は全支出の35%に上っているといわれており、教育市場規模は1兆元(約17兆円)。もともと中国人は教育熱心ですが、子どもにかける費用は増大しており、最近では、音楽や絵画など、情操教育にも熱心な親御さんが増えてきていると感じます。

 また、近年は中国政府が「全民閲読運動」(国民の素地や知性教養、文化レベルの向上を目指して行っている読書運動)を推奨したり、それと連動するように、図書館建設の推進にも乗り出しています。2020年までに、ほとんどの小中学校が国の規定基準を満たした図書館を設立する、という目標を打ち出していますし、幼稚園でも絵本館や絵本コーナーを設けるところが増えてきています。このように国家を挙げて、良好な読書環境を整えようとしている動きも、出版界にとってよい影響を及ぼしていると思います。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  4. 4

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  5. 5

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  6. 6

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  7. 7

    堀江氏 ゴーン氏逮捕の必要ある?

    AbemaTIMES

  8. 8

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  9. 9

    たけしでも逃れられぬ老後の孤独

    fujipon

  10. 10

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。