記事

【重要】NY州金融サービス局がZキャッシュのトレーディングを許可

ニューヨーク州金融サービス局(The New York State Department of Financial Services)がジェミナイ(Gemini)に対しズィー・キャッシュ(Zcash)のトレーディングを許可しました。

ジェミナイはNY州のいわゆるビットライセンス(BitLicense)を交付された金融機関です。ビットライセンスは「敷居が高い」免許であり、そこで匿名通貨であるZcashを扱って良いという判断が下されたことは画期的だと思います。

これを許可するにあたりNY州金融サービス局は以下のようなコメントを出しています:

Zcashは1) 透明なトランザクションと、2) 匿名のトランザクション、という二種類のトランザクションをサポートしている。このうち1) はビットコインの取引と似ている。そこでは残高ならびに送金額はブロックチェーン上で公にされる。2) は、いわゆる「zアドレス」と呼ばれるものが使用され匿名性がキープされている。

(中略)

今回の決断はNY州金融サービス局がイノベーションを支援する決意があること、ならびにグローバルな市場でリーダーシップを執る決意があることを表明している。賢く、徹底的な規制上の監視を行うことで仮想通貨業界が長期での繁栄が保証されるだろう。

今回のNY州金融サービス局の判断は、先の日本の金融庁(FSA)が匿名通貨の取扱いを止めるよう仮想通貨取引所に強く圧力をかけたことと対照的です。

米国の非営利政策提言団体、コインセンターは金融庁のニュースが出た際、「匿名通貨でも金融機関がアンチ・マネーロンダリング規制を順守しつつサービスを提供することは可能だ。その証拠にドル紙幣は匿名だ」と指摘していました。

過去記事をチェックするには: MARKET HACK HISTORY VIEW

【お知らせ】
VALUで仮想通貨に関する記事を随時UPしています。

リンク先を見る

Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  6. 6

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  7. 7

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  8. 8

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  9. 9

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

  10. 10

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。