記事

英国の18年成長率、ユーロ圏・米国を下回る見通し=産業連盟

[ロンドン 8日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)は、今年の経済成長率が1.4%となり、ユーロ圏と米国を再び下回るとの見通しを発表した。欧州連合(EU)離脱が近づくことによる悪影響を見込んでいる。

今年のユーロ圏の成長率は2.2%、米国は2.8%と予想されている。

かつて主要7カ国(G7)で最も成長率が高かった英国は、昨年には最も低成長の国に陥落。2016年の国民投票でのEU離脱決定後に通貨ポンドが下落し、企業が投資について慎重姿勢に転じたことが背景にある。

CBIは、年初の記録的な寒さで英経済が今年は弱いスタートとなったことから、年間の成長率予想を従来の1.5%から小幅引き下げた。2019年は1.3%に減速し、ユーロ圏と米国を再び下回ると見込む。

ブレグジット(EU離脱)を来年3月に控え、英経済のリスクは下向きだと指摘。ただ、技能者不足を予期して生産自動化やロボット、従業員の訓練への投資拡大を計画する加盟企業が増えていると説明した。

CBIのチーフエコノミスト、レイン・ニュートンスミス氏は、自動化などの技術はコストが低下しているため、多くの企業が導入するようになっていると指摘。ただ、多くの業種ではEUとの将来の関係について不透明感が強いため、「資金を多く必要とする長期的決定を行うのは一層困難になっている」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。