記事

「人の心を揺さぶる文章」の身も蓋もない話

1/2

最近、Twitterをひらくと、いつもタイムラインで誰かが怒っているな、と思う。そのこと自体に文句があるわけではない──というか、文句など言う資格がない。怒っている人が嫌ならフォローを外せばいいんだし、そもそもTwitterなんてひらかなきゃいい。そういうタイムラインにしているのは私だし、見ているのも私である。全部、自分でやっていることだ。

ただ、漠然と、以前よりなんだか怒っている人が多いな、と思う。

これが、本当に数として怒っている人が増えているのか、それとも私が今たまたま、怒っている人に目が留まりやすい心理状態になっているだけなのかはよくわからない。ただ、怒っている人を見ると、ちょっと気分が沈む。

f:id:aniram-czech:20180606010806j:plain
(※これはシチリア・パレルモで見つけたグラフィティアート)

しかし、対外的にどう思われているかはわからないが、私はどちらかといえば今まで「怒るべきところでちゃんと怒らないのはダメだ!」系の主張をずっとしてきた人間のはずだ。もちろん、今でもナウそう考えている。だから、なぜこの期に及んで気分が沈むとかいっているのか、自分でも不思議なのである。特に、汚い言葉で誰かを罵っている文章を読むとそれが正当でかつ自分に全然関係のないことでも落ち込むのだけど、私もまあまあ口が悪いほうなので、これもおかしな話だ。もう私、めっちゃ「クソ◯◯」っていうからね、お育ちが悪いのね。

「きちんと議論をしたいなら、感情的になったり汚い言葉を使ったりせずに、まずは落ち着いて」なーんて思っているのかもしれないが、これはトーンポリシングっていうんだって。最近覚えた言葉だ。

あわせて読みたい

「文章術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  9. 9

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  10. 10

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。