記事

「人の心を揺さぶる文章」の身も蓋もない話

1/2

最近、Twitterをひらくと、いつもタイムラインで誰かが怒っているな、と思う。そのこと自体に文句があるわけではない──というか、文句など言う資格がない。怒っている人が嫌ならフォローを外せばいいんだし、そもそもTwitterなんてひらかなきゃいい。そういうタイムラインにしているのは私だし、見ているのも私である。全部、自分でやっていることだ。

ただ、漠然と、以前よりなんだか怒っている人が多いな、と思う。

これが、本当に数として怒っている人が増えているのか、それとも私が今たまたま、怒っている人に目が留まりやすい心理状態になっているだけなのかはよくわからない。ただ、怒っている人を見ると、ちょっと気分が沈む。

f:id:aniram-czech:20180606010806j:plain
(※これはシチリア・パレルモで見つけたグラフィティアート)

しかし、対外的にどう思われているかはわからないが、私はどちらかといえば今まで「怒るべきところでちゃんと怒らないのはダメだ!」系の主張をずっとしてきた人間のはずだ。もちろん、今でもナウそう考えている。だから、なぜこの期に及んで気分が沈むとかいっているのか、自分でも不思議なのである。特に、汚い言葉で誰かを罵っている文章を読むとそれが正当でかつ自分に全然関係のないことでも落ち込むのだけど、私もまあまあ口が悪いほうなので、これもおかしな話だ。もう私、めっちゃ「クソ◯◯」っていうからね、お育ちが悪いのね。

「きちんと議論をしたいなら、感情的になったり汚い言葉を使ったりせずに、まずは落ち着いて」なーんて思っているのかもしれないが、これはトーンポリシングっていうんだって。最近覚えた言葉だ。

あわせて読みたい

「文章術」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

  10. 10

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。