記事

仮想通貨交換業者の登録拒否と報道されたFSHO、 一部事業を譲渡か

 6月5日、みなし仮想通貨交換業者のFSHO(株)(TSR企業コード:012835269、横浜市西区)に対し、金融庁が仮想通貨交換業者の登録を拒否すると一部で報道された。FSHOは3月8日、犯罪による収益移転防止に関する確認作業や法令遵守の管理態勢が不十分として、金融庁から業務停止及び業務改善命令を受けた。だが、これらが改善されず、4月6日に再度、業務停止及び業務改善命令を受けていた。

 FSHOのホームページ上では、5月上旬までに代表者が変更されているが、5月14日時点の商業登記簿では代表者は変更されていない。同日、FSHOに取材すると、「業務改善命令に対応するため代表者を交代した。商業登記簿はこれから変更する」とコメントしていた。それから一か月を経過した6月6日現在、商業登記簿は事件処理中で閲覧できない状態だ。

 業務停止期間が終わる6月7日を前にした5日、金融庁はFSHOの業務再開を認めず、申請を取り下げなければ登録を拒否する方針と日経新聞が報じた。

 同日、FSHOの代表番号へ電話するとFSHOと別の会社が応答し、「FSHOが併営していた電子ギフト券の買取事業を継承した。FSHOの状況についてはわからない」と答えた。FSHO本社を訪ねると表札が外されていた。同じフロアにある別の会社の社員によると、3日前に会社表札がなくなったという。FSHOのホームページには本社移転は記載されていない。

 FSHOは2014年10月設立の仮想通貨交換業の「みなし業者」。仮想通貨交換業を主力に電子ギフト券の買取なども手掛け、2017年9月期の売上高は約44億5,000万円、当期利益は約300万円を計上していた。

画像を見る
FSHO本社事務所(6月5日撮影)

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月7日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    BTS謝罪 自民議員「今後に注視」

    和田政宗

  4. 4

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  5. 5

    ソフバン上場 東証悩ます危うさ

    山口利昭

  6. 6

    橋下氏 靖国より陸軍墓地を見よ

    橋下徹

  7. 7

    「イッテQ!」疑惑 全祭りを検証

    NEWSポストセブン

  8. 8

    イッテQで失った視聴率3冠の信用

    女性自身

  9. 9

    徴用工 訴状に日本企業が困惑

    NEWSポストセブン

  10. 10

    タトゥー彫り師無罪は画期的判決

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。