記事

通信・放送融合2.0

1/2

規制改革会議投資WGに呼ばれ、放送改革に関する議論をしてまいりました。

ぼくは「通信・放送融合2.0」と題しプレゼンしました。

その概略を共有しておきます。

http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/toushi/20180207/180207toushi01-2.pdf

2006年総務省「竹中懇」で通信放送法制度の抜本見直しが論議されました。

当時ぼくは、通信放送は縦横に入り組んだ約10本の規制法があったのに対し、コンテンツ・サービス・ネットワークのレイヤ別に規制を再編して情報通信法という1本に集約する提案を行いました。

抜本見直しのときにしかできない規制緩和、特に電波の規制緩和を行うのが趣旨でした。

これにより、通信放送横断のサービス提供、放送のハード・ソフト分離の選択肢や通信放送の両用免許などを実現しよう、というものでした。

その後、議論・調整を経て、法律が4本に整理され、2011年に施行されました。

ハード・ソフト分離や両用免許など世界に先駆けて法律上の枠組みが整いました。

しかし、その後これが実事業として適用されるケースは乏しい状況が続いています。実態として進んだとは言えません。

その間、放送は地デジを整備しました。

地デジの目的は以下の3点ありました。

1)きれい:高精細化
 これはHD化で達成しました。

2)べんり:高機能化。
 しかし、デジタル=コンピュータの高機能メリットを活かす役割はスマホ+ネット=通信が担いました。

3)電波の土地区画整理
 デジタルのUHF帯への引っ越しは完了しました。一方、空いたV帯の更地化・再開発は、Vlowは新サービス=マルチメディア放送が始まったが、VhighはNOTTVで一旦頓挫、その間の公共利用空間は未整備です。

つまり地デジはまだ完成途上なのです。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  2. 2

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  3. 3

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  4. 4

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  5. 5

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  7. 7

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  8. 8

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  9. 9

    政府が公務員ボーナス過少発表?

    天木直人

  10. 10

    RIZAP&大塚家具に欠けていたもの

    NewsInsight

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。