記事

ホリエモンの"ゼロイチ力"は孫正義より上

1/2

起業して事業を成功させること。つまりゼロからイチへ、イチから10へと事業を成長させることはとても難しい。ベンチャーキャピタリストの三戸政和氏は「ゼロイチに長けた起業家といえは堀江貴文さん。希代の経営者である孫正義さんでさえ、ゼロイチは難しいと考え、そうした投資は避けている。堀江さんが時代の寵児となった理由はよくわかる」という。2人の経営スタイルの決定的な違いとは――。

※本稿は、三戸政和『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』(講談社)の一部を再編集したものです。

画像を見る

2005年4月、都内で和解合意の記者会見をするライブドアの堀江貴文社長(当時・左)とフジテレビの日枝久会長(当時・右)(写真=時事通信フォト)

■ゼロイチ起業は選ばれた人のもの

私は、事業が大成功して有名人になり、メディアの寵児にまつりあげられるような社長を見てきた一方で、目を輝かせて私たちに事業計画を説明し、会社の未来と夢を語り意気揚々として自信に満ち溢れていたはずが、事業が計画通りに進まず、徐々に元気を失い、数年のうちについにはビジネスの表舞台から去っていってしまう社長も数多く見てきました。

ベンチャーキャピタリストという職業は、そうした人の世の諸行無常というものに日常的に接する職業なのです。

一見したところ華やかな業界だと思われがちですが、マイナスの状態に陥った案件を手仕舞う作業は辛いものです。ゼロイチ起業に挫折した社長たちの表情は忘れられません。

それでも、私たちの投資がなければ、成功に至ることができなかった会社は多数あります。そうした新しい成功企業が世の中に羽ばたいていくことを励みに仕事を続けてきました。

私は本心では、強い思いを持ってゼロイチ起業にチャレンジし、新しい事業を生み出そうとする人がどんどん出てきて欲しいと思っています。ベンチャーキャピタルから資金調達し、投資して、さらなる挑戦をして欲しいと願っています。

ただし、ゼロイチ起業には「向き不向き」があります。その能力や準備がない人に、無謀な挑戦をして欲しくはありません。できることなら、すべての人にその能力に見合った舞台で成功し、活躍して欲しいというのが本心です。

くり返しますが、ゼロイチ起業に成功できるのは選ばれた一握りの人だけです。最近でこそ「連続起業家」(シリアルアントレプレナー:新しい会社を次々立ち上げる起業家)という人が出てきましたが、ほとんどの人が起業の初心者。成功でも、失敗でも、起業経験のある人は限られます。まして、「起業して事業を軌道に乗せたのち、売却したことがある」とか、「会社を起業したがうまくいかずに清算した経験がある。そして再び起業にチャレンジする」という連続起業家は、かなり少ないでしょう。

何もないところから新しい事業を生み出し、成長させていくというプロセスは、たとえ30年間会社勤めをして幾多の経験があるというような人でも、初めての体験の連続です。思いもよらない困難が次々と襲いかかります。生半可な経験や体力や知性や人間力や勤勉さでは、とても太刀打ちできません。

■堀江貴文というゼロイチ起業家

ゼロイチ起業家で思いつくのは、なんといっても堀江貴文さんです。

堀江さんが大学時代の1996年に起業した、ライブドアの前身であるオン・ザ・エッヂは、当時では最先端のウェブシステム開発を行っていました。日本初のウェブクレジットカード決済のシステム実装や、100万人規模という世界トップレベルのウェブエンターテインメントシステムの実装を行うなど、その技術力の高さで収益を上げ、それをもとにポータルサイトの買収や数々の自社事業を立ち上げ、2000年に上場。その後、事業規模を急速に拡大していきました。

2004年に大阪近鉄バファローズを買収しようとしたり、2005年にはフジテレビジョン(以下フジテレビ)の親会社だったニッポン放送を買収しようとしたりするなど、“仰天ニュース”で次々と世間を賑わせ、その舌鋒の鋭さと強烈なキャラクターで賛否両論を巻き起こしながら、人気者、時代の寵児になっていきました。

■「もう10年社長をやっているんですよ」

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いだった堀江さんの報道の中で、私には忘れられないシーンがあります。ライブドアがニッポン放送の株を買い集めて筆頭株主になり、フジテレビの経営権を握ろうとしていたときのことです。

あるテレビ討論会に、経営コンサルタントとして当時、大前研一さんと並んで有名だったドリームインキュベータの堀紘一さんと堀江さんが参加していました。堀さんは堀江さんに対してとても批判的で、「君みたいな若いやつが、フジテレビの経営なんてできるか」といったことを吐き捨てるように言いました。

当時、堀江さんは30歳そこそこの若者です。そのときの私には、堀さんの言っていることが正論に聞こえました。それに対して堀江さんは、なんと、

「できますよ。何を言ってるんですか。僕はもう10年、社長をやっているんですよ」

と言い返したのです。

ベンチャーキャピタルに入社する直前の私には、堀江さんの言っていることがピンと来ませんでした。「この人、何を言っているんだろう。自分で作ったネット企業の社長を10年やったぐらいで、大企業の社長が務まるわけがない」と、当時は単純に思ったものです。

でも、今ならその意味がわかります。堀江さんは、起業した会社のオーナー社長として、ゼロからイチへ、イチから10へと事業を成長させ、そして当時まさに10から100へと成長させている最中でした。堀江さんはああいう性格なので苦労を口にすることなどありませんが、余人には計り知れない困難があったと思います。そのプロセスにおいて、堀江さんはマネジメントで経験することのほぼすべてを体験していたのです。

経営者としてそれほどの経験値を持つ人は、もちろん当時のフジテレビの中には1人もいなかったでしょうし、現在でも、世の中を見渡しても数えるほどしかいないでしょう。

当時フジテレビ会長だった日枝久さんにしても、初めから規模100の組織に入って昇格したサラリーマンです。優秀な人材ばかりのフジテレビの中で成果を出し、上司に認められ、昇格し、会長に上り詰めました。それはそれですごいことですが、堀江さんのゼロイチ起業家、経営者としての経験とは根本から次元が異なるのです。

おそらく、ご自身もオーナー社長として独立し、ベンチャーのコンサルをしていた堀さんはそのことをわかっていたはずです。ただ、ボストンコンサルティングで大企業のコンサルをしてきた経験豊富な堀さんには、古い体質の大企業を経営する難しさがわかっていて、堀江さんに対し「組織論が違う」ということを言ったのかもしれません。

その1年後、堀江さんは証券取引法違反容疑で逮捕され、実刑判決を受けて収監されることになりました。

堀江さんは、今でも精力的にさまざまな事業を創り出しながら、事業家として活躍されています。歴史にifはありませんが、もし堀江さんがフジテレビを率いていたとしたら、その後のフジテレビはどうなったでしょうか。ネット世界の拡張、また、昨今のフジテレビの視聴率の低迷を見るにつけ、堀江さんが経営するテレビ会社の姿を見てみたかったと思えてなりません。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  9. 9

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  10. 10

    祭りちゃう…宮川大輔への裏切り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。