記事

新生KDDIが動画配信大手「Netflix」と組んだ背景とは?

モバイル視聴の需要増加を見越す

5月29日、KDDIは2018年夏商戦に向けたauの発表会において、動画配信サービス「Netflix」をバンドルしたauの新料金プランを発表した。

KDDIが「Netflix」をバンドルしたauの新料金プランを発表

これまでKDDIは、Netflixを始めとするOTT(Over The Top)に対抗し、「ビデオパス」など自前のサービスを拡充してきた。ここへ来て競合プレイヤーと組む狙いはどこにあるのか。

世界展開を進めるNetflix、モバイル視聴が急増

米国発の動画配信サービスとして知られるNetflixの会員数は、世界で1億2500万人に達したという。その50%以上が米国外の会員となっており、急速に世界展開を進めている。

オンラインのDVDレンタル事業としてスタートしたNetflixは、インターネットのストリーミング配信に参入。当初は映画やドラマを配信していたが、ほかの配信サービスとの差別化要素としてオリジナルタイトルも製作しており、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』などのヒット作品を次々と生み出している。

日本でNetflixは2015年にソフトバンクと業務提携をしているが、今回のKDDIとの提携では、料金プランへのバンドルという踏み込んだものになっており、あたかもNetflixが「実質無料」になったかのようなお得感を演出している。

すでに米国では、2017年9月にT-Mobile USがNetflixをバンドルしたプランを発表している。日米に共通する背景として、映画やドラマをスマホの画面で楽しむ人が急増しているということだ。

だがモバイルでストリーミング動画を視聴すると、大量のパケットを消費するのが悩ましい点。Netflixにとって、携帯電話キャリアと組むことで最適な料金プランを提供することは理にかなった選択といえる。

新生KDDIはライバルだった「OTT」とも組む

一方、携帯電話キャリアにとっては、Netflixはある種のライバルだ。キャリアのインフラの上でサービスを提供することから、これらのインターネットサービスはOTTとも呼ばれてきた。

YouTubeやFacebookなど、インターネットの人気サービスはOTTばかりだ。

キャリアは彼らのためにパケットを運ぶだけの「土管」と化すことに危機感を覚えており、KDDIも「ビデオパス」のような自社サービスを整備してきた。

だが4月1日にKDDI社長に就任した高橋誠氏は、発表会の中で「垂直統合だけではなく、OTTプレイヤーとも組む」と宣言。Netflixプランに、自社のビデオパスをバンドルすることで「新生KDDI」を印象付けた。海外作品が充実するNetflixに対し、ビデオパスは国内コンテンツに強いなど、両者は補完関係にある。

25GBというパケット範囲を設定

だが、KDDIが踏み込めなかった点もある。それがNetflix視聴時のパケットの扱いだ。T-Mobileはパケットを無料とする仕組みを導入したが、KDDIでは25GBというデータの範囲内で、通常通りにパケットを消費するという。

こうしたパケットの無料化は「ゼロレーティング」や「カウントフリー」と呼ばれており、特定のサービスを優遇する性質上、「ネット中立性」の観点から世界的な議論が巻き起こっている。日本ではMVNOが導入を進める一方、大手キャリアであるKDDIは禁じ手と考えているようだ。

Netflixをバンドルするメリットとして高橋氏は、解約率の減少にも言及している。まずはNetflixとビデオパスを組み合わせたお得な料金プランを提示することで、動画を好むユーザーを囲い込んでいくのが当面の狙いといえそうだ。

あわせて読みたい

「KDDI」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。