記事

フジテレビが起死回生狙い初の〝広告融合型ドラマ〟に挑戦!

視聴率の低迷が深刻化しているフジテレビが起死回生を狙って、初の〝アドフュージョン〟ドラマに挑戦する。広告融合型のドラマ「名探偵コジン~突然コマーシャルドラマ~」で、同局と大手広告代理店の電通の共同制作。6月20日の深夜に1時間枠で放送する。

同ドラマは〝ドラマ本編の中にCMを融合させる〟という、これまでにない全く新しい手法(アドフュージョン)で描かれたドラマとなる。ドラマ本編の中に「広告」=「CM部分」を組み込んでしまうという画期的な演出でストーリーを作成、しかもそのCM部分がドラマの謎を解く重要な鍵になるという仕組みで構築されている。

また、CMチャンスという既存の考えを覆すだけでなく、CMもドラマの一部として楽しめるように制作しており、CM中もドラマのストーリーは展開し続けるため、放送中はテレビ画面から一瞬たりとも目を離す暇はなくなる〝新感覚〟のノンストップドラマに仕上げられている。ドラマは、サントリーホールディングス(株)、エクスコムグローバル(株)、LINE(株)の3社が番組趣旨に企画賛同し、スポンサーとして提供している。3社の商品がどのような形でドラマ内に登場するのかも注目だ。

ドラマ出演陣も豪華な顔ぶれを揃えている。主人公の探偵・萩原礼一役には、役者としてミュージシャンとしてマルチな活躍を見せている俳優・金子ノブアキを起用。また、同ドラマのストーリーテラーとして俳優・滝藤賢一が登場する。さらに、萩原が一目ぼれするヒロイン役は実力派女優の佐津川愛美、萩原がタッグを組む相手役を若手の注目女優・北香那が演じるほか、落合モトキ、角田貴志、峯村リエ、升毅らが出演する。

ストーリーは、主人公本人が、殺人事件の〝まさかの〟被害者=故人(コジン)になるというもので、幽霊となった名探偵コジンが事件解決していくという奇想天外な内容。

この企画は、元「めちゃイケ」プロデューサーで、現在は営業局で営業マンとして勤務している明松功氏が構想・トータルデザインを担当して実現させたもの。

明松氏は「『CMで何か新しいことできないかな』と電通とミニ会議を始めたのが今からちょうど1年前。〝ドラマ本編にCMを有機的に組み込む〟という前例のない試みだけに、準備段階が大変だった。スポンサーが決まらない→脚本が上がらない→キャスティングが進まない→スポンサーが決まらない→まさに負のスパイラル。各所に〝たとえば〟という便利な言葉を多用しながら我々の熱意だけは伝えさせていただく日々が続いた」と感慨深げだった。

今後のシリーズ化も視野に入れているという。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。