記事

撮影場所は平壌 街頭で見つけた北朝鮮の美女たち

【船上ビアガーデンで女性バンドの演奏を眺めるカップルはニコニコしていた】

【洗練されたファッションは平壌出身か】

【北京から平壌へ行く航空機に搭乗していた乗務員】

【外国人も利用できる、カフェ併設のケーキ店の店員】

【交通整理の女性】

ここに掲載した女性たちの写真は、北朝鮮・平壌で撮影されたもの。写真家・初沢亜利氏の写真集『隣人、それから。』(徳間書店)では、2016~2018年に平壌、中朝国境、北部で撮影された一般市民の姿を見ることができる。

特に、金正恩・朝鮮労働党委員長の妻・李雪主氏や妹・金与正氏が外交舞台で活躍するように、街頭の女性たちも溌剌とした姿を見せ、男性以上にこの国の「主役」であることを印象づけていた。写真では、彼氏に囁かれて微笑む女性の表情に惹きつけられる。

「7度訪朝しましたが、2011年にはカップルが人前でイチャイチャするなんてありえなかった。それが今では街のあちこちで見かける。何が変わったかというと政権です。2013年に金正恩氏がお洒落した妻と腕を組んだ姿が北朝鮮のテレビで流れたんです。」

「日本の専門家たちも驚きましたが、何よりも国民が『お洒落をしてもいいんだ、腕を組んでもいいんだ』と思ったのではないでしょうか」(初沢氏)

北朝鮮での撮影には常に案内人が同行し、被写体に目を光らせているが、信頼関係を築けたおかげで撮影できた写真も多いという。

「案内人が、我が国は貧しいけれど、一所懸命生きているということを伝えてくれれば問題ないと。お膳立ての上で撮ったものもありません。どの国にも日常はあるということです」(同前)

党や軍幹部の行事に華を添える「喜び組」が“北朝鮮女性の象徴”だった時代は変わりつつあるのかもしれない。

◆撮影/初沢亜利  写真集『隣人、それから。』(徳間書店)が発売中。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  2. 2

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  3. 3

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  4. 4

    大金撒いてもPayPayは普及しない

    藤沢数希

  5. 5

    なぜ女性は夫の趣味を許せないか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    安倍長期政権に忠誠誓う官僚増加

    fujipon

  7. 7

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  8. 8

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  9. 9

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  10. 10

    HUAWEI事件の代償支払うカナダ

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。