記事

アメリカの保護貿易主義に対して - 6月4日のツイート

スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、原発は自然界に無いプルトニウムを生みます。長崎型の原爆の材料です。これを利用する核燃料サイクルは困難な課題に直面しています。以下で無料配信中。http://m.himalaya.fm/jp/episode/192248/10906045/2…

金正恩は、米朝首脳会談が開催されるシンガポールのホテル代が払えないという。核開発などしなければ、それくらいの費用は捻出できたはずだ。シンガポール政府やICANが費用をもつそうだが、非核化の利点を教えるための費用と考えれば安いものかも。しかし、その教えを守るような金正恩ではなかろう。

羽生選手に国民栄誉賞が授与された。2ヶ月前の予定が今になったのは、政局と関連がある。政治利用を含めマイナスも多いこの賞について考えてみた。産経デジタルのIRONNAIに『「羽生結弦に国民栄誉賞」舛添要一が素直に喜べない理由』という論考を掲載した。 https://ironna.jp/article/9867

アメリカの保護貿易主義に対しては、日本とヨーロッパが連携して対抗する必要がある。G7蔵相・中央銀行総裁会議ではそうであった。これからこのような日欧の協力が重要なときに、イタリアやスペインで政情不安が起こり、EUの結束が乱れることは良くない。問題の背景は、世界的な格差の拡大である。

20世紀は社会主義の誕生と死亡を見届けた世紀であった。しかし、21世紀になっても、社会主義体制に固執している国がある。北朝鮮、キューバ、ベネズエラなどであり、経済は大失敗である。中国は改革開放で経済は発展したが、政治は共産党一党独裁である。経済競争で、民主主義体制は中国に勝てるか。

ソ連型の社会主義体制に問題があり、ゴルバチョフはその改革を試みた。個人の自由な意思を無視した経済システムが機能するはずはない。国際政治学講義の第30回目をブログにアップした。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12381320209.html…

就任500日、歴代大統領で最高の業績を上げたと自画自賛するトランプ。しかし、その「アメリカ第一主義」で、世界中を混乱に陥れた最低の大統領だ。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1003601217111707649…

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。