記事

金正恩に勝てない安倍首相のくやしさ 

もはや向かうところ敵なしの安倍首相のごとくだが、それは何も安倍首相が偉いのではない。

安倍首相の首に鈴をつける者がいない自民党が情けないのだ。

党是を捨て、党員の思いを裏切ってまで安倍首相に迎合する公明党が情けないのだ。

安倍首相批判にすがって野党共闘にしがみつく野党が情けないのだ。

メディアの使命を捨てて安倍首相の提灯記事に奔走するこの国の報道機関が情けないのだ。

それらすべてを許す国民の政治意識の低さが情けないのだ。

しかし向かうところ敵なしの安倍首相でも、どうにもならない事がある。

それは外国を相手にする外交だ。

その中でも、いま安倍首相の前に立ちはだかる最大、最強の敵は北朝鮮だ。

北朝鮮を動かす金正恩である。

ついに金正恩の北朝鮮が、拉致問題の解決を迫る安倍首相に最強のカードを切った。

「解決済みの拉致問題について騒ぐ前に、過去の罪悪をまず謝罪し、賠償すべきだ」と。

「大勢に逆行して誤った行為に明け暮れるなら、与えられるのは日本外しだけだ」と。

これこそが安倍首相のアキレス腱をついた言葉だ。

安倍首相は怒り狂っているに違いない。

安倍首相を動かしている日本会議の連中の罵倒が聞こえてきそうだ。

しかし、安倍首相も日本会議もどうする事も出来ない。

韓国も、中国も、ロシアも、そして米国でさえも、安倍首相や日本会議の間違った歴史認識に我慢できないからだ。

内政はごまかせても外交はごまかせない。

世界が祝福する中で、ひとり安倍首相の日本だけが世界から疎外されたままになる。

もっとはやく安倍首相を代えておけばよかったと後悔しても後の祭りである(了)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  3. 3

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  8. 8

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。