記事

柴門ふみ「すべての不倫において第三者が叩くのはおかしい」

画像を見る

柴門さんが世の不倫叩きに物申す(撮影/平林直己)

画像を見る

石田衣良氏が「不倫」を語る(撮影/平林直己)

 三島由紀夫の長編小説『美徳のよろめき』がベストセラーになったのは今から約60年前のこと。「よろめき」は流行語にもなり、“妻であり、母であっても恋愛をすること”がセンセーショナルを巻き起こした。

 時代を超えた今、不倫は大きなニュースになり、「結婚しているのに、子供がいるのに」という声高な批判も聞こえるなか、恋愛漫画の名手・柴門ふみ氏が世間に投げかけたのが、この度コミックス1・2巻が発売された『恋する母たち』での「母が恋をしてはいけませんか?」という問いだった。

『恋する母たち』のヒロインは、名門中学に落第寸前の息子を通わせている三人の母たちだ。夫が外に女をつくって家を出て行ってしまったパート勤務の石渡杏。夫が社内不倫に夢中なセレブ主婦の蒲原まり。そして、自身がエリート会社員で夫との関係性に刺激がない林優子。母であり、妻であり、現役の”女”である彼女たちは、それぞれの岐路に立ったとき、どんな選択をするのかを描いた柴門ふみ渾身の一作だ。

 人気連載のコミックス発売を記念した柴門氏と、『娼年』の映画化が話題の小説家・石田衣良氏の「大人の恋」スペシャル対談でその答えが見えた。

柴門:女性の欲望にもいろいろなバリエーションがあります。今回の作品で3人の40代の女性を主人公にしたのは、その多様性を表現したかったからです。1人にしぼってしまうと、考え方が偏ると思って。

 不倫についての考え方にも個人差がありますから。『恋する母たち』に登場する母たちも三者三様で全然違う。まりは不倫したらすぐバレるけど、優子は感情をセーブできるからきっとバレない。世間には不倫なんか絶対に許せないと本気で思っている主婦も、もちろんいるでしょうし、自分はやらないけれども妄想の世界で楽しむのが好きという主婦もいれば、やらなきゃつまらないよねという実践派も、いろいろなタイプの主婦がいると思います。40代の妻であり母である彼女たちの日常と、女性としての揺らぎを描いています。

石田:40代以上の大人の女性の欲望って、小説やマンガでもあまり描かれていない。その点で、この『恋する母たち』は本当に面白い。

柴門:相性のいいパートナーと安定したいい関係を築けるのが理想だけど、その相手を見つけるのがまた難しい。仕事とセックスは家に持ち込まないと豪語する男性は実際に多くいて、“女房なんかとセックスできるか”なんて夫の言葉を聞いてしまった奥さんが、『恋する母たち』のセレブ妻・まりなんです。

石田:実際にそうなってしまったら何をしても無駄だから、絶対ばれない相手とつきあうしかないよ。覚悟を持って、自分で責任をとれるなら不倫もしてみればいいじゃないと思うけどね。誰かを傷つけることになるというけれど、誰も傷つけないで生きることなんてできないんだから。

柴門:でもね、絶対にばれないと思って不倫してもダメになる人妻がいるわけですよ。舞い上がってバレバレになる、まりタイプ。だから杏もやめた方がいいとやめるわけで。彼女は専業主婦でリスクも大きいから、落語家の丸太郎に本気の恋をしても結局は踏み止まるんですよね。一線は越えない。まりが職業を持っていたら離婚して丸太郎に走ろう、と思うかもしれないけれども。

石田:丸太郎はいいよねぇ。あんな直球で気持ちをぶつけられたら、落ちちゃうよ。でも、一線というけれど、旅館に1泊して一緒にお風呂に入ったらもう、一線越えているよね。気持ち的には越えている。深夜にひとりで彼の独演会のDVDを観てさ。

柴門:DVDを観ただけで?

石田:男はセックス=一線でいいと思うけど、女性は違うかな。どこから不倫かというのは永遠のテーマだけど、女性は気持ちが動いたら、そこで終わりじゃないですか。

◆35才から45才ぐらいが「魔の時」だと思うんです

柴門:恋する理由って、悩みやさみしさもあるけど、男性からのアクションがあったら人妻でも恋に走りがちです。ある年齢までは子育てに必死で恋どころではないけど、35才から45才くらいが魔の時期。

 ちょっとしたアクションで恋心を思い出す。ちょっかいを出されたら女性の中にある恋愛の壺の蓋がぱかっと開いて、恋愛フェロモンが湧き出してよろめくんです。それがまりにとっての丸太郎。丸太郎のモデルには、少しだけ実体験も重ねたり…(笑い)。

石田:男にとって結婚はゴールで、奥さんを女性として見ていないし、関心もないから、恋愛フェロモンが出ても気づかない。だから妻の浮気に気づかない。つまりバレにくい。それに40代という、女性の肉体的なピークを放りっぱなしにしてるのも男の責任。

 女性だって子供のため、家庭のためと性をふいにして生きるのはつらいですよ。そこで問題が起きるのはある部分、仕方のないこと。女性の不倫の半分は、男性が原因です。

柴門:私も前にエッセイで書いたんです。《男は女房に悪いなと思いながら浮気をして、女はだんなが悪いから浮気をする》って(笑い)。

石田:それ、歴史に残る名言だ。

柴門:『女性セブン』という女性週刊誌で『恋する母たち』を連載したかった理由の1つに、それぞれの女性の背景をじっくり描きたかったということがあります。杏が夫以外の男と一度だけ寝たことも、肉体関係だけを見たら不倫かもしれないけれども、背景を読んでいくと浮気とは言えない。ホテルから出てきたからホラ叩け、というのは間違いじゃないかと。

 恋や浮気や不倫において、本当の理由は当人たちにしかわからないから、すべての不倫において、第三者が叩くのはおかしいというのが私の結論なんです。

石田:おぉ、大人のセリフだね! 柴門さんにもぜひ一線越えてみてほしいなぁ(笑い)。

※女性セブン2018年6月14日号

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「客寄せ」だった? イチロー凱旋

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

  4. 4

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  5. 5

    反日運動 背景に韓国人の高揚感

    NEWSポストセブン

  6. 6

    イチローこそ侍JAPAN監督に適任

    門田隆将

  7. 7

    防大生の任官拒否 指揮官が原因?

    天木直人

  8. 8

    楽天が下克上 Tポイントの挽回も

    MONEY VOICE

  9. 9

    パチンコ巡る政府の論理は綱渡り

    緒方 林太郎

  10. 10

    イチロー戦を中断 日テレに批判

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。