記事

日本よ、これが裁判だ!生中継、ケーブルテレビ、Youtube…ここまで進む世界の裁判事情

1/3

テレビで生中継された朴槿恵元大統領の裁判

2018年4月6日、弾劾によって失職し巨額の収賄罪などに問われていた韓国の朴槿恵前大統領が、ソウル中央地裁から懲役24年の判決を下されました。

韓国初の女性大統領は収賄、職権乱用、強要などで有罪となり180億ウォン(約18億円)の罰金も科されたわけですが、この裁判は韓国の一審判決としては初となるテレビでの生中継が行われました。


Getty Images

日本人の感覚からすると裁判の生中継というのは考えにくい話ですが、実は韓国で裁判を生中継したのはこれが初めてではありません。2013年3月21日に、韓国の大法院(最高裁判所)で裁判の様子をインターネットとKTV=韓国政策放送で生中継しました。

ベトナム出身の20代の女性が夫の同意や裁判所の許可を得ず、生後13ヶ月の子供をベトナムにある実家に連れ去った刑事事件が裁判に発展し、もう片方の親の同意についても裁判所の決定を待たずに子供を韓国国外に出国させた行為が未成年者略取罪または国外移送略取罪にあたるのかが争点でした。

なぜこの裁判が生中継の対象になったのか。その理由を知るために上記の刑事事件の内容を説明したいと思います。

実は当時、韓国では国際結婚が増えていました。特に多かったのが韓国人男性とアジア人女性との国際結婚。しかしその一方で国際結婚をした夫婦の離婚も増え、その結果親の同意なく片方の親が子供を国外に連れ出すケースが多くなっていました。

先ほどのベトナム人女性の件でいえば、韓国で生活をしていたベトナム人の妻と韓国人の夫が離婚をした後、妻が夫の同意なく、子供を故郷のベトナムへ連れて帰ったということです。

このようなに両親のどちらかが無断で子供を国外に連れていってしまった場合、ハーグ条約が適用されます。我が子を元の国に返還して、どちらが養育するかを決めるためのルールを定めた条約です。締結していない国もありますが、韓国は2013年に締結し発効をしていました。ちなみに日本はハーグ条約に2014年4月に加盟しています。

この裁判は、大法院長、弁護士、検察などによってハーグ条約をどのように解釈するのか1時間30分に渡って議論された様子が生中継されていました。視聴していた市民からは概ね好評だったそうです。

裁判中の法廷を生中継することについて韓国のヤン・スンテ大法院長は「かねてより放送を通じて裁判を公開し、公正で透明で開かれた裁判を確保し、司法に対する国民の信頼を高めていきたい」と話しています。

この裁判から5年後の2018年に、朴槿恵前大統領の裁判を中継することになる訳ですが、その前に今回の裁判を見越していたかのような、法律の改正がありました。

2017年7月、これまで被告の同意を必要としていた裁判の生中継が被告の同意がなくても裁判長が公共の利益にかなうと判断した場合、一審と二審の生中継が認められることになりました。

法律が改正される2ヶ月前の5月に朴前大統領が初公判に出廷していることを考えると、彼女の判決を見たいという世論の声が高く、裁判所がそれに応えた形なのだと思います。

アメリカの裁判中継専門チャンネル「CourtTV」

韓国の裁判事情をご紹介しましたが、世界に目を向けると裁判の模様を生中継している国は他にもあります。裁判が好きな国と言われる米国には、なんとケーブルテレビに裁判中継を専門とするチャンネル、その名も「CourtTV」があります。

Court=裁判所ということで、その名の通り裁判の模様を中継するというわけですが、有名なところではフットボールの元スター選手、O・J・シンプソン氏の事件があります。


Getty Images

1994年、O・J・シンプソン氏は元妻とその友人を殺害した罪で起訴され、翌年に無罪が確定。容疑者であるシンプソン氏がアフリカ系米国人で、被害者が白人であったために人種問題も絡み、世界でも大きく取り上げられました。

裁判は全米で中継されて、評決の瞬間の視聴率は40%を超えたといいます。

米国のテレビはケーブルで配信するのが主流であり、ほとんどの家庭にはケーブルテレビが設置されています。ケーブルテレビの発達でチャンネル数が増えて放送する番組が足りなくなる中で裁判中継の専門チャンネル「CourtTV」が生まれたわけです。

あわせて読みたい

「裁判」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  3. 3

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。