記事

モンゴルへ一時帰国の白鵬 帰化の手続き進めるためか


【ついに徳俵に足がかかったか(時事通信フォト)】

 栃ノ心の大関昇進フィーバーの裏で、5月場所で11勝4敗だった横綱・白鵬が、意気消沈しているという。

「千秋楽翌日にモンゴルへ一時帰国しましたが、落ち込んでいるのは明らかだった。先場所の千秋楽は4月に亡くなった父親の四十九日と重なっていて、“41回目の優勝を捧げたい”と意気込んでいた。それが6日目に阿炎(あび)、12日目には栃ノ心にガチンコ相撲でねじ伏せられた。その結果も踏まえ、今回の帰国を区切りに白鵬が『帰化』の手続きを進めるのではないかと注目されている」(担当記者)

 白鵬が引退後も協会に残るには日本国籍の取得が必要だが、これまで帰化に反対していたとされるのが、4月に亡くなった父・ムンフバトさんだった。

「母親のタミルさんは帰化に賛成で、息子に日本で部屋を開いてほしいと願っているといいます。白鵬の場合、妻が日本人なので、申請すれば1年程度で認められるはずです」(協会関係者)

 手続き開始は、白鵬が自身の“引き際”を探り始めたことを意味する。

「たしかに5月場所では衰えが明らかだった。親方衆からは“土俵際で足が揃う”といった指摘があがったし、懸賞を出す取組を国技館に来た観客の投票で決める“森永賞”でも、白鵬絡みの一番が選ばれたのは12日目の栃ノ心戦など15日中4番だけ。来場所は関脇以下も御嶽海、玉鷲、松鳳山らガチンコ勢が上位に揃うので、白鵬の41回目の優勝への道は厳しい」(若手親方)

 ただ、引退時期を巡ってカギとなるのは7場所連続休場中の横綱・稀勢の里の存在だ。

「横審は稀勢の里が名古屋場所を休場しても『引退勧告』はせず、『激励』や『注意』にとどめることに決めてしまった。白鵬は、20年の東京五輪の開会式で土俵入りする野望を公言してきた。稀勢の里が悪しき前例となり、白鵬が現役を引き延ばすための“口実”となりかねない」(同前)

 そんな“大横綱”の姿をファンは見たくない。

※週刊ポスト2018年6月15日号

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  4. 4

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

  7. 7

    岩井志麻子氏「乳首」発言の裏側

    NEWSポストセブン

  8. 8

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。