記事

加藤綾子、座長・二宮和也の気遣いに感謝! 竹内涼真のアドリブ秘話も

フリーアナウンサーの加藤綾子が、嵐の二宮和也が主演を務めるTBS系日曜劇場『ブラックペアン』(毎週日曜21:00~)で本格女優デビューを果たし、注目を集めている。加藤が演じているのは、新薬や機器開発の治験の窓口となる治験コーディネーターの木下香織。最新医療機器の導入を巡るストーリーにおいて、その展開を左右する重要なポジションを担っている。

このたび、撮影真っただ中の加藤に前・後編のインタビューを実施。後編では、主演の二宮をはじめとする共演者との撮影エピソードや現場の雰囲気について話を聞いた。

○二宮和也の自然な気遣い


001のalt要素
加藤綾子

――二宮さんとのやりとりも見応えがありますが、二宮さんとの共演はいかがですか?

スパッと役に入られる方なので驚くことが多いです。直接的なアドバイスではありませんが、「ここはこういうシーンだよね」というようにシーンを作り上げていく中で教わることがあります。ドラマの現場に慣れていない私でも入りやすい空気感というか、複数の人がいる中でも自然に会話に入れてくれるような気遣いをしてくださるので、そういうところでもとても助けられています。

――気配りが素晴らしいですね。

本当にさすがだなと。ご本人は特に意識していないのかもしれないですが、自然にそういった気遣いをしてくださいます。

――待ち時間は共演者の方と過ごすことが多いですか?

そうですね。シビアなシーンの前は1人で気持ちを作ることもしていますが、よくみんなで和気あいあいとおしゃべりしています。初めてなのでほかの現場と比較できませんが、本当にありがたい現場だなと。葵わかなちゃんと趣里ちゃんと女性陣と話すこともあります。

○二宮和也・竹内涼真との食事シーン秘話


――二宮さん、竹内さん、加藤さんの3人での食事シーンも印象的でした。

あのシーンは、私がクランクインした初日だったので、そわそわしていました。その場でどんな話をしたかは覚えてないくらい(笑)。撮影現場ってこんな感じなんだって、すべてが新鮮でした。

――その撮影で印象に残っていることはありますか?

竹内くんがけっこうアドリブを入れていて、こういう風にやるんだって驚きました。「出て行きますから」ってお一人で出ていく場面で、「いいんですか? 行っちゃいますよ!」って繰り返していて笑いそうになりました(笑)

――そんなアドリブをされていたとは! 撮影前後はお2人とどんなやりとりをされましたか?

「ドラマ初めて?」「初めてです」とか、そんなに深い話はしてなかったと思います。でも、お二人ともバラエティで共演していて顔見知りだったので、「ご無沙汰しております」という入り方ができてよかったです。初めましてだとすごく緊張してしまうので。

――それは今後も加藤さんの大きな武器になりそうですね。

そうですね。ありがたいなと思います。

■プロフィール
加藤綾子
1985年4月23日生まれ、埼玉県出身。国立音楽大学を卒業後、2008年にフジテレビジョン入社。『めざましテレビ』『笑っていいとも!』など、数々の人気番組でレギュラーを務めた。2016年5月からフリーに転身。現在は『ホンマでっか!?TV』『MUSIC FAIR』(フジテレビ)、『世界へ発信! SNS英語術』(NHK Eテレ)などに出演中。『ブラックペアン』(TBS)で連ドラに初のレギュラー出演を果たし、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で朝ドラにも初出演するなど、女優としても注目を集めている。

場面写真=(C)TBS

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。