記事

【読書感想】友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える

1/2

友だち幻想 (ちくまプリマー新書)

友だち幻想 (ちくまプリマー新書)

Kindle版もあります。

友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える (ちくま新書)

友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える (ちくま新書)

内容紹介

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に“つながり”を築けるようになるための本。「みんな仲良く」という理念、「私を丸ごと受け入れてくれる人がきっといる」という幻想の中に真の親しさは得られない。人間関係を根本から見直す、実用的社会学の本。

 この新書、2008年に「人間関係で初めてつまずきを感じる多感な年頃の中・高校生に向けて書いたもの」なのだそうです。

 書かれてから10年経つのですが、2017年6月に朝日新聞で紹介されたり、2018年4月に又吉直樹さんが『世界一受けたい授業』で採り上げたりしたことにより、いま、ものすごく売れているみたいなんですよ。

 10年前も今も「人間関係」の悩みは尽きない、ということなのでしょう。

 1980年代も、子供だった僕は「他人とうまくやっていけない」ということで悩んでいたし。

 薄くて字も大きくて読みやすいし、今、悩んでいる子供たちは、一度は手にとってみてほしい。

 それと同時に、「あの頃」のことを忘れてしまいがちな大人たちも、一度読んでみると良いのではないかと思います。

 人と人との<つながり>の問題を考える最初の出発点として、人は本当に一人では生きられないのか、それとも、まあそれなりに生きていけるのかといった問いを立ててみましょう。

 かつての日本には「ムラ社会」という言葉でよく表現されるような地域共同体が存在していました。「ご近所の人の顔と名前はぜんぶわかる」といった集落がそれですね。これは、何も地方の農村や漁村だけに限ったことでなく、東京のような都会にだってあったのです。『ALWAYS 三丁目の夕日』――映画ですから描き方にはフィクションの要素も多分に入っているとはいえ――のように、近所に住む住人同士の関係が非常に濃密な「ご町内」が、昭和40年くらいまでの日本には確かにありました。

 そんな「ムラ社会」が確固として存在した昔であれば、これは明らかに「一人では生きていけない」ということは厳然とした事実でした。

 なにより、食料や衣類をはじめ、生活に必要な物質を調達するためにも、仕事に就くにしても、いろいろな人たちの手を借りなければいけなかったからです。こうした、物理的に一人では生活できない時代は長く続きました。だから村の交際から締め出されてしまう「村八分」というペナルティは、わりと最近まで死活問題だったわけです。

 ところが近代社会になってきて、貨幣(=お金)というものが、より生活を媒介する手段として浸透していくと、極端な話お金さえあれば、生きるために必要なサービスはだいたい享受できるようになりました。

 とりわけ、今はコンビニなど二十四時間営業の店も増え、思い立った時にいつでも生活必需品は手に入れられるし、ネットショッピングと宅配を使えば、部屋から一歩も出ずにあらゆるサービスを受けることも可能になっています。働くにしても、仕事の種類によってはメールとファックスで全部済んでしまう場合だってあります。

 このように、一人で生きていても昔のように困ることはありません。生き方としては、「誰にも付き合わず、一人で生きる」ことも選択可能なのです。

 ある意味で、「人は一人では生きていけない」というこれまでの前提がもはや成立しない状況は現実には生じているといえるのです。

 この本を読んでいると、著者の思い切りのよさというか、理想は理想として、それを追い求めすぎるべきではない、という考え方に、もう大人になってしまった僕も安心するのです。

 ネットを利用して「ゆるいつながりで生きる」というのは、まさに、この本に書かれているようなことなのでしょう。

 人は「物理的には」、お金があれば、一人でも生きていける時代になった、という現実認識にもとづいて、この本は書かれているのです。

 それでもやっぱり、一人じゃさびしい、と多くの人が思うんですよね。

 まあ、それも、これまでの人間の習性の名残みたいなものかもしれませんが。

 著者は、いまの時代の人と人の距離感をあらためて見つめなおし、気の合わない人とでも一緒にいる作法をきちんと考えたほうがよいと思う、と述べています。

 「仲良くする」ではなく「一緒にいる作法」というのが、ポイントなんですよ。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PayPayに5000円チャージして後悔

    上伊由毘男

  2. 2

    クイーン映画 海外で酷評相次ぐ

    小林恭子

  3. 3

    よしのり氏 年収100万円時代来る

    小林よしのり

  4. 4

    日本にまともな戦闘機は作れない

    清谷信一

  5. 5

    あなたも共犯 食卓に並ぶ密漁品

    BLOGOS編集部

  6. 6

    なぜファーウェイは排除されるか

    ロイター

  7. 7

    村本大輔 安倍首相の悪口でNGも

    AbemaTIMES

  8. 8

    たけし 桜田大臣叩く野党に苦言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  10. 10

    河野大臣の答弁拒否に議員が苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。