記事

紀州のドン・ファン不審死 従業員が22歳妻の言動に不信感


【亡くなる前日までピンピンしていたという】

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた実業家・野崎幸助氏(享年77)が急逝、遺体からは致死量を超える覚醒剤成分が見つかり、警察が捜査に乗り出す事態となっている。

 同氏は和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業などを営んでいたが、参列した会社の従業員たちも55歳年下の妻・Sさんの言動に不信感を抱くことがあったという。

「2月に結婚したSさんが、田辺にやってきたのは4月のこと。それまでは東京と和歌山の別居婚でした。こちらに来て間もない頃、彼女は私に『いま社長が死んだら、私にはいくら入るの?』と聞いてきた。冗談のつもりだとしても笑えなかった」(従業員)

 従業員たちは全員、警察に呼ばれて取り調べを受けたという。別の従業員が不安そうな表情で漏らす。

「指紋を取られ、尿検査を受け、スマホの電話帳やインターネットサイトの検索履歴まで調べられました。腕を見られて、覚醒剤の注射の痕まで調べられた時に『これは何の捜査ですか?』と質問したけど、答えてくれなかった。

 社長はSさんと結婚したことを喜び、入籍の証明として戸籍謄本と夫婦の2ショット写真を近所に配っていた。あの時の社長は幸せそうでした。死ぬ前日までピンピンしていた社長の笑顔が今も頭から離れません」

 50億円ともいわれる野崎氏の遺産はどうなるのか。

「野崎氏は遺書などは残しておらず、法廷相続に従うことになるでしょう。すると遺産の4分の3は妻であるSさんに、残り4分の1を野崎氏の6人のきょうだいで分け合うことになります」(社会部記者)

※週刊ポスト2018年6月15日号

あわせて読みたい

「紀州のドン・ファン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。