記事

加計学園をめぐる「虚偽の連鎖」は、なぜ続くのか?

「加計15年に首相に説明」「獣医学部計画、首相『いいね』」など、5月22日の新聞各紙がいっせいに報じた。

加計学園の獣医学部新設をめぐり、2015年に加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したという内容だ。愛媛県が作成した文書に、その記録が残されていることが明らかになったのだ。この記録によって、加計問題にまつわる一連の証言が、いっそうリアリティを帯びてくるだろう。

当時、官房副長官だった加藤勝信厚労大臣は、「岡山県の事務所に事務局長が来て、10回以上チャレンジしたけど難しいという話があった」と認めている。

さらに、5月10日の衆参予算委員会の参考人質疑では、柳瀬唯夫元首相秘書官が、「加計学園の関係者に3回会った」と証言している。当時いくつもの大学から申請があった。それなのに、特定の一大学の関係者とだけ、3度も会うのは明らかに異常だ。「えこひいき」だろう。

ところが柳瀬さんは、面会は認めながらも、安倍首相の指示はなかった、報告もしていないと言う。では、上司に言わずに、勝手にやったというのか。柳瀬さんのことは僕もよく知っているが、そのような人物ではない。そもそも、もし勝手な行動をしたとしたら、上司である安倍首相に叱られて当然だろう。

実際、ほとんどの国民は、この証言が嘘だとわかっている。虚言の連続だ、と。では、なぜそんな嘘をつくのか。それは、ひとえに安倍首相を守るためだろう。

安倍首相は、「2017年1月20日まで加計学園の獣医学部新設について、知らなかった」と答弁している。柳瀬さんが虚言を続けないと、安倍首相が虚偽答弁をしたことになってしまうのだ。

さらに森友問題でも、重大な事実が露呈している。財務省による文書の改ざんだ。安倍内閣はもはや、基本的にアウトだろう。ところが、いまの野党に政権を追い込む力がない。いや、自民党内にも安倍首相にもの申せる人物がいない。みな、イエスマンばかりになってしまっている。

安倍首相は、この問題を中央突破しようと、考えているのではないか。だから、ひとつの虚偽をごまかすために、次々と虚偽の連鎖が起きているのだ。

このような危機的な状況に、国民もうんざりしている。だからこそ、僕たちメディアは、これらの嘘を明らかにしなければならない。

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。