記事

「改元」の残念な歴史 2か月で改元、15年の空白期間など


【いよいよ改元が近づいている(新元号発表時期を報じる新聞記事)】

 政府は「新元号」の発表時期を、代替わり直前の来年4月と定めた。平成との“二重権威”が生じるのを防ぐため、ぎりぎりまで遅らせることにしたという。改元は、歴史の転換点という位置づけなのである。

 だが実は歴史を振り返ると、元号は今ほど大事にされておらず、“えっ、そんな理由で?”と思ってしまうような改元が繰り返された時代があった。著書『「日本の伝統」の正体』が話題を呼ぶ作家・藤井青銅氏が、元号にまつわる“ざんねんな歴史”を詳らかにする。

 * * *

 現代の日本人は、天皇の権威と元号を結びつけて考えているが、天皇の在位中は元号を変えない現在の「一世一元」の制度になったのは、明治22年(1889年)に旧皇室典範で定められて以降である。

 それ以前も新しい天皇になったら改元する「代始改元(だいはじめかいげん)」の原則はあったものの、日本の元号第一号である「大化(たいか)」以降の天皇が90代であるのに対して、元号はおよそ2.7倍の247あり、代始改元以外の改元が頻繁に行なわれたことが分かる。

 改元がやたらと行なわれたのは、次第に公家同士の勢力争いに使われるようになったからだ。強い勢力が己の権力を誇示するために、改元は一貫して天皇の大権だったにもかかわらず、自身が好きな元号に改めたのだ。

 時が流れて鎌倉時代からは、武家が介入するようになる。将軍が替わると、世を治めているのは自分だという自負から、朝廷に圧力をかけ、改元させる。反発して、公家はその元号に難癖をつけて再び変えようとした。また、地震や火事などの大災害が起きると、“ゲン直し”を理由にして改元することもあった。

 元号の平均年数は5.5年で、この数字からもいかに頻繁に改元が行なわれてきたかがわかる。中でも最も短いのが鎌倉時代の「暦仁(りゃくにん)」。災害に伴う“ゲン直し”で制定されたが、「りゃくにん」が「略人(世から人が略される)」を連想させるため、たった2か月で「延応(えんおう)」に変えられた。

 そもそも「元号」はいつ生まれたのか。その起源は中国にある。紀元前140年、中国・前漢の武帝が即位したときに、「建元(けんげん)」という元号を宣言したのが元祖だ。古代中国は先進国だったので、周辺の朝鮮半島やベトナム、日本でも、真似をして元号を使うようになった。

 第一号の「大化」以来、ずっと元号が続いているわけではない。4年7か月続いた「大化」の次の「白雉(はくち)」のあと32年間は元号のない期間がある。この空白のあと、3番目の元号が「朱鳥(しゅちょう)」と決められたが、これも数か月で終わり、再び15年の空白期間が生まれている。

 つまり、元号が始まった当初は「存在しなければならない制度」ではなかったのだ。

●ふじい・せいどう/1955年生まれ。23歳で第1回「星新一ショートショート・コンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家として現在も活動中。

※週刊ポスト2018年6月8日号

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。