記事

なぜ海外投資家は日本国債を買っているのか

 日本国債に対する海外投資家の保有額が増加しつつあり、このためいずれ海外投資家が保有する日本国債を売ることで、日本国債が急落するとの記事があったようであるがこれは少しおかしい。

 この記事を見た方から、これはどう思うかとの質問があったので、あらためてその質問に、ここでお答えしたい。

 そもそも、ここにきて日本国債の海外保有が増加しているのは短期債主体である。

 日本証券業協会が発表した12月の公社債投資家別売買状況を見ると、海外投資家は11兆7291億円の買い越しとなっているが、このうち短期債を10兆6589億円も買い越しているのである。

 短期市場には確かにその影響は多少出ている。それはあくまで日銀の基金による国庫短期証券の買いオペに札割れが発生したり、国庫短期証券が0.1%以下で入札されたりと、需給がかなりタイトになってしまっているためであるが、ここにもし外人売りが入ればむしろ需給は緩和される。そして、それにより長期国債まで急落することは考えづらい。

 この記事によると、新規国債約43兆円のうち約16兆円を海外投資家が購入しているとあるようだが、これも正しいようで正しくはない。そもそも今年度の新規財源債は44.3兆円である(細かい指摘で失礼)。しかも新規国債ではなく、今年度の国債発行総額約182兆円(四次補正後)と比べるべきであろう。

 参考までに新規国債とは建設国債と赤字国債であるが、これは短期国債ではない。短期国債は借換債である。借換債は元々は建設国債と赤字国債であるが・・・このあたり少しややっこしい。とにかく、新規国債を海外が購入しているかのような表現はおかしいのは確かである。

 また、この記事では、イタリアが過去に海外保有が増加して、それがイタリアの国債売りの要因となり、あたかも海外投資家保有が増加すると危険みたいに書かれていたが、そもそもイタリアはユーロに加盟し、ユーロ圏の国債としては発行額が大きく利回りも比較的高く、財政再建もがんばっていたことで、ユーロ圏の国々から実需の買いが入っていた。その意味では、その後の売りに繋がった。

 しかし、日本国債については残念ながら、利回り等の魅力、さらに積極的な財政再建を進めているとの理由で、長期債などが海外投資家に買われているわけではない。そもそも海外保有率が高いと危険というのならば、米国債などのほうがよほど危険に見えてしまう。

 少なくとも、海外投資家は日本国債を売り崩したくて買っているわけではなく、ほかに大量に購入できて流動性も高い「安全商品」があまりないので、日本国債を買っているにすぎない。そもそも急落させるために買う投資家などがいるとは思えない。それならば債券先物を売ったほうが手っ取り早い。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    ANA 5000億円規模の最終赤字に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。