記事

浮き上がってきた「日大問題」と「スポーツ改革」の課題

1/2
日大フェニックスの悪質タックル問題に未だどっぷり浸かっているテレビの情報番組ですが、その後の推移を追いかけるものの、なかなか本質に切り込めていないように感じます。なかでも、違和感があるのは内田前監督が、日大を27年ぶりに甲子園ボウルで優勝に導いたアメフトの名将であるかのようにコメントされている事です。そう思い込んでしまうと今回の悪質タックル問題が起こった背景がわからなくなってしまいます。内田前監督は、選手を虐め強くできると錯覚していたような人ですが、日大が優勝出来たのは内田前監督の選手育成スタイルやゲーム采配の結果とはとうてい思えません。

内田前監督が名将誉れ高い方なら、学生チャンピオンを決める甲子園ボウルにもどんどん出場していたはずです。篠竹監督の引退にともないヘッドコーチから監督に就任したのは2003年、この年は入れ替え戦出場という苦いデビューでした。そして、内田前監督のもとで日大フェニックスが甲子園ボウルに出場したのは5回ですが、法政大学は7回で2回優勝。早稻田大学が3回と関東は甲子園ボウルの席を巡って3校が競いあう状況でした。有能な選手を集めるスポーツ推薦枠などで優位にあったにもかかわらずです。

グラウンドでのコーチや監督としての資質は、並はずれたものがあったと手放しでは言えない内田前監督ですが、しかし、日大運動部の予算を握り、さらに職員の人事に絶大な影響力を駆使して、フェニックス復活に向けた戦力強化を進めてきたのは事実です。そのことによって日大フェニックスが変わったのだと思われます。

その目玉となったのが、関西で関学とトップを競り合う立命館大学出身の有名選手などをコーチとして外部からリクルートしたことです。コーチングのレベルを上げるとともに、その人脈を生かして、それまでは関西で立命へ選手供給していたアメフト強豪高校から選手をスポーツ推薦で大量にとって選手補強も実現しています。当然チーム力がアップします。

今回の事件で、それらの3名のコーチは辞任しましたが、甲子園ボウル優勝もその外部コーチに負うところが大きかったとも言われています。それらのコーチが、果たしてチーム作りや選手育成に合理性を感じさせない「内田流」と指導方針が合っていたかはかなり疑問です。まるでヤクザの手先のような役割を担ってきたのは、親分子分の支配関係が濃い井上前コーチなどの日大出身コーチだったのではないでしょうか。

いずれにしても、外部から人材を導入し、ノウハウやリクルートの人脈を得る事は、チームを強化する最も効果的な方法で、それは内田前監督が、日大の常務理事という立場だからできたことです。そしておそらく、内田前監督が常務理事から理事長に昇格するための実績づくりのためには、日大フェニックスの甲子園ボウル二年連続制覇が大きな鍵を握っていた、だから選手を極限にまで追い込み、渡ってはいけない一線を超えさせてしまったとも考えられます。

他大学を圧倒する予算をつけ、コーチは職員として優遇し、そしてふんだんにスポーツ推薦枠を使うことなど、他の並みの大学ではできるものではありません。日大の経営が相撲の田中理事長、アメフトの内田常務理事のもとに支配されていたから可能だったのでしょう。

予算が少なく、コーチは手弁当とは言わなくとも、ボランティアでやってもらっているに近い大学も少なくない中では、日大が優勝出来ない方が不可解なのです。「内田式」の非科学的な「追い込む、いじめる」指導には限界があったということでしょうが、常務理事の立場を駆使して基盤を強化する事は、「スポーツ日大」を打ち出し、学生確保をねらう日大のブランド戦略に合致していました。

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  3. 3

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  10. 10

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。