記事

結構適当な「改元」 奈良時代には「亀」で4回決めた例も

「平成」は小渕氏が掲げた(時事通信フォト)

【「平成」は小渕氏が掲げた(時事通信フォト)】

政府は「新元号」の発表時期を、代替わり直前の2019年4月と定めた。平成との“二重権威”が生じるのを防ぐため、ぎりぎりまで遅らせることにしたという。改元は、歴史の転換点という位置づけなのである。

だが実は歴史を振り返ると、元号は今ほど大事にされておらず、“えっ、そんな理由で?”と思ってしまうような改元が繰り返された時代があった。著書『「日本の伝統」の正体』が話題を呼ぶ作家・藤井青銅氏が、元号にまつわる“ざんねんな歴史”を詳らかにする。

***
現代の日本人は、天皇の権威と元号を結びつけて考えているが、天皇の在位中は元号を変えない現在の「一世一元」の制度になったのは、明治22年(1889年)に旧皇室典範で定められて以降である。

それ以前も新しい天皇になったら改元する「代始改元」の原則はあったものの、日本の元号第一号である「大化」以降の天皇が90代であるのに対して、元号はおよそ2.7倍の247あり、代始改元以外の改元が頻繁に行なわれたことが分かる。

その改元の理由は何とも“いい加減”なのだ。奈良時代の715年には、甲羅に北斗七星の模様がある珍しい亀が、左京職という役人から天皇に献上されたという理由で「霊亀」と改元している。正倉院の宝物に、「青斑石鼈合子」という亀の形の容器が納められているが、これはこの亀に似せて作らせたものと伝わっている。

他にも、白い亀が献上されてめでたいから「神亀」、甲羅に「天王貴平知百年」という文字がある亀が献上されたから「天平」、肥後(熊本)からめでたい白い亀が献上されたから「宝亀」と元号を改めている。

奈良時代の55年間に、実に4回も「亀」を理由に改元したのだ。

「雲」が理由の改元も3回ある。西の空に縁起のいい雲を見たから「慶雲」、めでたい雲が現われたから「神護景雲」、伊勢に美しい雲が現われたから「天応」と変わった。

亀や雲をありがたがるのは、中国からの影響だ。これらは「瑞祥」とされ、珍しい順にランキング化されていた。

珍しいものが発見されると、天皇に献上。報告され、改元が行なわれたのだ。

●ふじい・せいどう/1955年生まれ。23歳で第1回「星新一ショートショート・コンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家として現在も活動中。

※週刊ポスト2018年6月8日

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    石田純一のYouTubeに低評価殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。