記事

関根勤 サンドウィッチマンを絶賛「ネタに外れない」


【「大ファン」とサンドウィッチマンを絶賛する関根勤】

「ちょっと何言ってるかわからない」──これはお笑いコンビ・サンドウィッチマンの持ちネタだ。今、このネタと同様の状況がお笑い界で起こっている。

 毎年恒例の『日経エンタテインメント!』(日経BP社)のタレントパワーランキングが発表され、芸人部門でサンドウィッチマンが見事1位の座に輝いた。これまで明石家さんま(62才)やタモリ(72才)、所ジョージ(63才)という大物芸人の独壇場だったが、今回、サンドウィッチマンによって初めてその牙城が崩された。ちなみに総合でもマツコ・デラックス(45才)や綾瀬はるか(33才)、新垣結衣(29才)ら豪華メンバーに続いて6位に食い込んでいる。

 15本のレギュラー番組を抱え、今春からは『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)でゴールデンタイムで初のMCを務めるなど、勢いはとどまるところを知らない。ファンを公言し、ライブにも足しげく通う大先輩の関根勤(64才)が言う。

「ネタに外れがなく、安定感と切れ味があるんです。いちばん好きなのは、『M-1』でグランプリをとったピザ屋のネタだね。“シーフードピザ頼んだのに、えび入ってない”“えっ、指ですか?”って強烈にボケるから“そんなわけねえだろバカヤロウ!”ってツッコミが気持ちよく決まる。テンポがいいのに、ボケの富澤くんの声が低音で聞き取りやすいから、お年寄りがついていけなくなるような嫌なスピードは感じない」

 大物芸人も絶賛する彼らだが、その道のりは順風満帆だったわけではない。1998年に結成されたサンドウィッチマンとは、ボケ担当の富澤たけし(44才)とツッコミ担当の伊達みきお(43才)の仙台出身のコンビ。

 かつて伊達は雑誌のインタビューで「自分たちの20年間は食えなかった10年と食えるようになった10年」と語っている。“食えなかった時代”には財布に100円も入っていないこともザラ。たばこを買うか電車に乗るかの二択を迫られたふたりは、結局たばこを選び、目黒から板橋まで歩いたことも。その時期のことをふたりは「暗黒期」と呼んでいる。

 そんな彼らが一躍注目を集めたのが2007年の『M-1』だった。準決勝で敗退したふたりが、敗者復活枠から一気に頂点へと駆け上がった逆転劇は“M-1の奇跡”として、今でも語り継がれている。グランプリを獲得しても、その後ブレークしきれないコンビもいる中、彼らは着実にその人気を高めていった。

※女性セブン2018年6月14日号

あわせて読みたい

「サンドウィッチマン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  6. 6

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。