記事

今国会初 党首討論

 昨日、今国会では初めての党首討論が行われました。党首討論が行われるのは、2016年の12月以来、約1年半ぶりです。立憲民主党の枝野代表、国民民主党の玉木共同代表、共産党の志位委員長、日本維新の会の片山共同代表が安倍総理に論戦を挑みました。

 玉木共同代表と片山共同代表は、日米の貿易問題や日ロの北方領土交渉、中央省庁人事等を取り上げました。しかし、野党第一党立憲民主党の枝野代表と共産党の志位委員長は、質問時間のほとんどを森友、加計学園に関することに費やしておりました。

 日米関係や北朝鮮をめぐる動向などの外交問題、骨太の方針や成長戦略などのアベノミクスに関わる経済政策等、国民の生活に関わる問題が議論されなかったことは誠に残念です。

あわせて読みたい

「党首討論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「シャネルは古臭い」若者に変化

    krmmk3

  2. 2

    山本一郎氏 川上量生氏を提訴へ

    やまもといちろう

  3. 3

    橋下氏「日本こそ自国第一主義」

    AbemaTIMES

  4. 4

    宗男氏「日ロ会談で歴史動いた」

    鈴木宗男

  5. 5

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  6. 6

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    徴用工判決 韓国内でも疑問の声

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  9. 9

    日露会談 安倍首相は譲歩しすぎ

    大串博志

  10. 10

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。