記事

「健康寿命」で中国が初めて米国追い抜く、日本は2位

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 中国は2016年、誕生時に見込まれる健康寿命の長さで世界37位となり、40位となった米国を初めて追い抜いた。世界保健機関(WHO)が今月公表した2016年の統計をロイターが分析した結果、判明した。

統計によると、誕生時に見込まれる健康寿命は、中国が68.7年、米国は68.5年だった。

寿命全体の長さでは、依然米国が78.5年と中国の76.4年を上回っているが、米国人の最後の10年は健康とは言えないという。

全寿命が最も長かったのは日本の84.2年で、2016年生まれの人は来世紀を経験する最初の世代になる。 

WHOの広報担当者は、「健康を失って過ごす期間については、西側の高所得国より、中国、日本、韓国、その他一部アジアの高所得国の方が短い」と説明。特に米国は、2016年に誕生時に見込まれる健康寿命が短縮した5カ国の一つに入った。ほかは、ソマリア、アフガニスタン、ジジョージア、および(西インド諸島の)セントビンセントグレナディーン。

健康寿命が最も長かったのはシンガポールの76.2年、次いで日本、スペイン、スイスなどとなった。中国は全寿命も延びており、ロイターの計算では2027年ごろに米国を追い抜くことが見込まれる。

米国の健康寿命は2014年に79年でピークを迎え、以後長年で初めて短縮に転換。オピオイドを中心とする薬物の過剰摂取による死亡や自殺などの増加が反映されているとみられている。

*写真を更新しました。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  4. 4

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

  7. 7

    岩井志麻子氏「乳首」発言の裏側

    NEWSポストセブン

  8. 8

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。