記事

テレビのワイドショーはアメフト一色で、イタリアなどには興味も示さない。 - 5月30日のツイート

スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、なぜ日本では、女性が政治に進出できないのか。様々な障害があります。たとえば、週末も選挙区のイベントなどに引きずり出されます。小選挙区制の弊害です。有権者にも問題があります。以下で無料配信中。http://m.himalaya.fm/jp/episode/192248/10866273/2…

アメリカは、貿易不均衡是正のため、中国に対してさらなる関税を課すなど厳しい態度で臨むようだ。貿易のみならず、軍事でも、北朝鮮問題でも、米中の覇権争いが激化している。残念ながら、日本には、あまり出番がない。

建設、農業、介護など人材不足。これを補うために、政府は、労働移民受入の方向に政策転換。若い頃、欧州で労働移民問題を研究したが、プラスとマイナスがある。ポピュリズムやヘイトスピーチが跋扈する今の日本で、排外主義の引き金とならないように、慎重な取り組みが必要だ。社会統合策が要となる。

今日の夜、22:00〜23:30『水曜日のニュース・ロバートソン』(BSスカパー)に生出演します。激動する国際政治について解説します。https://www.bs-sptv.com/robertson/

イタリアの政治不安が世界的な株安につながっている。イタリア国債が売られ、ユーロ安が進んでいる。テレビのワイドショーはアメフト一色で、イタリアなどには興味も示さない。国会での党首討論も時間不足からか迫力に欠ける。この日本は、これから国際社会で生き残っていけるのだろうか。

第二次大戦後、1956年ハンガリー、1968年チェコスロバキアと、ソ連は戦車で他国を蹂躙した。しかし、日本の左翼知識人はソ連や社会主義に対して幻想を抱き続けた。1979年のアフガニスタン侵攻でやっと目が覚めたようだ。国際政治学講義の第26回目をブログにアップした。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12380004816.html…

ガソリン価格レギュラー1ℓが151円に上昇。7月から東電など電力料金も値上げ。中東情勢の悪化、産油国ベネズエラへの米国の制裁強化などが原因。トランプ外交の余波だ。1973年の石油ショックのことを思い出して、国際情勢把握の重要性を認識すべきである。連載中のブログ「国際政治学講義」も参考に。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「イタリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

  2. 2

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  3. 3

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  4. 4

    大金撒いてもPayPayは普及しない

    藤沢数希

  5. 5

    なぜ女性は夫の趣味を許せないか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    安倍長期政権に忠誠誓う官僚増加

    fujipon

  7. 7

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  8. 8

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  9. 9

    池上氏 政府は4島返還を断念した

    文春オンライン

  10. 10

    HUAWEI事件の代償支払うカナダ

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。