記事

ローマ法王が謝罪、聖職者による性的虐待の実態 - 宮下洋一(ジャーナリスト)

 フランシスコ・ローマ法王は、バチカン(ローマ法王庁)で5月2日、南米チリの教会で幼少期に神父から性的虐待を受けた男性3人と個別に面談し、カトリック教会の名の下、過去の大罪を謝罪した。

 1980年代、チリの首都サンティアゴにある教会で、フェルナンド・カラミナ司教(当時)は複数の児童に対し、性的虐待を繰り返した。2011年に聖職を剥奪されたが、法的措置は受けなかった。

 フランシスコ法王は今年1月、チリの大統領府を訪問した際、この問題について触れ、「苦悩と恥辱の気持ちを表明したい」と謝罪。犠牲になったチリ人男性3人を、後にバチカンに招いた形だ。

 3人はフランシスコ法王との数時間にわたる会談後、記者会見で、〝伝染病〟の撲滅を訴えた。「我々は約10年間、教会の性的虐待と隠蔽(いんぺい)について闘い続けるあまり、敵と見なされてきた。(中略)緊急措置を取らなければ、すべてが形骸化してしまう」

 かつて、フランシスコ法王は、「児童への性的虐待は病である」と言及し、「加害者は後悔しながら前進する。我々が許しても、再び実行する」とやり場のない思いを述べた。しかし、ベネディクト16世前法王が、この問題に対する「非寛容政策」を打ち出してから、事態の変化が顕著化している。

 教会関係者から性的虐待を受けた児童の数は、世界規模では明らかになっていなが、各国では捜査が強化されつつある。ドイツでは、1945年~90年代初頭にかけ、49人の教会関係者が少なくとも547人の少年を虐待。オーストラリアでは、80年~2015年までに4444人が性的虐待を受けたという史上最悪の報告が出ている。

 昨年6月には、そのオーストラリアの最高聖職者で、法王庁の財務事務局長官を務めるジョージ・ペル枢機卿が、複数の性的虐待罪で追訴された。同枢機卿は、この行為を強く否定してきたが、5月1日、正式に起訴された。

 聖職者によるこうした事件は、氷山の一角に過ぎず、教会側の黙認や否認などで、これまで多くのケースが隠蔽されてきた。今回、法王と面談したチリ人男性3人は、口をそろえて言う。

 「謝罪は、具体的な行動で示されなくてはならない」

あわせて読みたい

「ローマ法王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  2. 2

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナ方針 国が変更し都に圧力?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  6. 6

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  8. 8

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  9. 9

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。