記事

〝万年野党〟化する立憲民主党――野党第一党の責任はあるのか - 松田 明

1/2

共感されない野党第一党

 野党が審議に復帰した国会で〝モリカケ〟問題を連日追及しているのに、世論調査ではまったく野党への支持が伸びていないことは前回指摘した。

 さらに5月28日の毎日新聞が報じた最新の世論調査(26、27日に全国を対象に実施)が明らかになると、SNSでもさまざまな驚きの声が上がった。

 加計学園をめぐる安倍首相の説明に「信用できない」とする厳しい声が70%に上った一方で、内閣支持率が前回4月の調査より1ポイント増え、不支持率は1ポイント減となったからだ(参考:ニュース記事)。

 さらに主な政党の支持率では、野党の支持率が相変わらず伸びていないこともわかった。

 1%程度の数字は誤差の範囲内という見方もできるが、この数字は野党なかんずく政権交代のカギとなるはずの野党第一党・立憲民主党が、まったく有権者の共感や期待を集めていないことを如実に物語っている。

 それでも立憲民主党は、よく分からない質問主意書を乱発して、官僚を疲弊させ政府に閣議決定をさせる戦術も、いっこうに変えようとしない。

 たとえば5月25日の政府の閣議決定を見ると、それらの多くが野党からの質問主意書に回答したものであることがわかる。一昔前には考えられなかった多さだ。

 ちなみに、あの「セクハラ罪と言う罪は存在するのか?」という質問主意書を出していた逢坂誠二議員(立憲民主党)が今回出したのは、「『大臣として』認定した『セクハラ行為』に関する質問主意書」なるものである。

 次に掲げる発言は、「大臣として」「認定した」「セクハラ行為」であるのか。

あ)「手しばっていい?」との発言

い)「抱きしめていい?」との発言

う)「胸さわっていい?」との発言

え)「パジャマで来ればよかったのに」との発言

お)「予算成立したら浮気する?」との発言

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  3. 3

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  8. 8

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。