記事

転落寸前の幼児救った移民男性、仏政府が市民権付与へ

[パリ 28日 ロイター] - 集合住宅の外壁をよじ登って、4階のベランダから転落しそうになっていた男の子を救出したアフリカ・マリ出身の不法移民の男性(22)が仏大統領府(エリゼ宮)に招待され、マクロン大統領と面会した。仏政府は男性に職を提供し、市民権付与を決めた。

この男性、マムドゥー・ガサマさんの勇敢な行動を映した動画が拡散し、ガサマさんは仏国民から「スパイダーマン」と称賛された。

マクロン仏大統領はガサマさんと面会し、パリの消防当局の仕事を提供すると述べた。また、閣僚らは、市民権を直ちに付与することは難しいが、政府は迅速に進めると約束した。

一方、男の子の父親は逮捕され、警察に対して息子をひとり置いて買い物に出かけ、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をやっていたため予定よりも遅くなってしまったと述べた。

「親として責任を果たしていないことになる。2年の禁錮刑の可能性もある」と検察当局者は地元テレビに述べた。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    N国党・れいわが議席獲得の予測

    AbemaTIMES

  4. 4

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  5. 5

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  6. 6

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  7. 7

    菅長官と元TBS記者にカネの疑惑

    上脇博之

  8. 8

    吉本批判のハリセン春菜が面談

    NEWSポストセブン

  9. 9

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  10. 10

    卵は一日何個まで? 論争に決着か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。