記事

しゃちほこポーズで熊本を応援!抽選で賞品があたるキャンペーンを実施中

BLOGOS編集部

2016年4月14日に発生した熊本地震。日本財団はその直後から現在まで、様々な形で熊本を支援してきた。

なかでも、熊本県民の誇りでもある熊本城復旧のために30億円規模の支援を決定。その後、しゃちほこの復元・製作、天守閣内展示施設等の整備、旧細川刑部邸修復、仮説見学通路設置など、様々な支援をおこなってきた。

BLOGOS編集部

そして4月28日、大天守の最上部にあった足場が取り払われ、ついに熊本城の「しゃちほこ」が復活。当日はお披露目のためのセレモニーも開かれ、小さな子どもから大人まで、熊本を応援する多くの人が駆けつけた。



締切間近!熊本応援フォトキャンペーン開催中

日本財団

日本財団はこのたび、熊本城のしゃちほこが復活したことを記念し「熊本応援フォトキャンペーン」を開催。全国各地から熊本を応援する写真を募集中だ。

キャンペーンへの参加方法は、しゃちほこに関する写真、しゃちほこポーズなどをツイッターやインスタグラムなどSNS上に#熊本城しゃちほこ復活 #日本財団 のハッシュタグを付けて投稿するだけ。

投稿された作品は、熊本応援フォトキャンペーン特設ウェブサイトに掲載される。キャンペーンの参加者には賞品も用意されており、A賞として「クオカード5000円分(3名)」、B賞として「ミニしゃちほこ(30名)」がそれぞれ当たるという。

本キャンペーンにはすでに多くの作品が投稿され、熊本城を背景にしゃちほこポーズを決めた写真や、城彩苑に展示中の実物の小天守のしゃちほことの記念撮影、しゃちほこ実寸大パネルを両手に持ってなど、想い想いの熊本応援フォトが集まっている。

キャンペーンには熊本県のゆるキャラ、くまもんも参加中

mifuさん(@mi16wanimafu)がシェアした投稿 -

熊本県出身のロックバンド『WANIMA』も、郷土愛溢れるポーズで本キャンペーンを応援している

地震の発生から2年。着実に復興を進める熊本を支援するために、あなたも「しゃちほこ」写真を投稿してみてはいかがだろうか。

キャンペーンへの参加方法

1. 日本財団の公式アカウントをフォロー
Instagram
Twitter
2.「#熊本城しゃちほこ復活」「#日本財団」の2つのハッシュタグをつけて写真を投稿
3. キャンペーンサイトを確認
4. 抽選結果の発表を待つ

当選者に6月中旬にダイレクトメッセージかダイレクト投稿にて通知。抽選でミニしゃちほこなどが当たる。

【応募受付期間】
2018年4月28日(土)~2018年5月31日(木)

【投稿について】
・お1人様何点でも応募可能です。
・非公開アカウント及びハッシュタグの記載がない場合は対象外です。
・応募作品、アカウント名はキャンペーンサイト、日本財団公式サイトなどのほか、日本財団が許可したパンフレットやテレビ、ラジオ、新聞、展覧会などで公開されることがあります。また、日本財団は広報・宣伝の目的(プレスリリースやメディアへの発表など)のために、アカウント名や応募作品を使用、複製、修正して公開することがあります。
・キャンペーン内容は予告なく変更する場合があります。

[ PR企画 / 日本財団 ]

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  6. 6

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。