記事

ナスカ近くで新たに25超える地上絵、ドローンで全容把握

[パルパ(ペルー) 28日 ロイター] - ペルー南部のナスカ地上絵近くのパルパの沿岸砂漠地帯をドローン(小型無人機)で調査したところ、新たに25以上の地上絵が見つかった。文化省の調査チームを率いる考古学者が明らかにした。

見つかった地上絵にはシャチや踊る女性の姿などが描かれており、大半は2000年前のパラカス文明期に製作されたとみられている。ナスカより数百年前にあたる。

地元住民が以前発見したものを、ドローンを使って全容を把握した。

ナスカの地上絵の大半が空中からしか見ることができないのに対し、パルパの地上絵は丘の斜面に描かれており、下から見ることができる。

文化省当局者は、「まだ歩いて調査しておらず、空撮しただけで、調査の第1段階にある」と述べた。

あわせて読みたい

「世界遺産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。