記事

ひきこもりが働く上で必要な、企業からのサポートと当事者の視点とは何か

1/2

ひきこもりの人が働く上で、どんなサポートが必要でしょうか。

そのことについて参考になる、経営者のブログを読みました。
この方は、元ひきこもりの人たちを複数採用しています。

引きこもりのノリの話
引きこもりの人の採用・募集
引きこもり三四郎の結婚

元ひきこもりの雇用における、実際のサポート例

参考になる箇所を、箇条書き+引用します。

Aさんの場合
・母親が、電話で面接を申し込んだ
・当日10分前に母親から「息子が家から出られない」と電話があったが、本人に電話を代わってもらって「とりあえず来てみたら」と誘ったら、その日の夕方に現れた
・なんとなく(職場である)ホテルに居着くようになり、客室の掃除を手伝うようになった
・パソコンが得意だったので戦力になった
Bさんの場合
・母親が従業員で、母親に連れられてやってきた
・1日4時間の勤務から始め、徐々に時間を増やした
・Bさんの「ひきこもりの従業員のブログ」を見て、他のひきこもりの人も応募してきた

元々うちのホテルは、学歴、年齢、性別、経験を不問としてきた。
採用の基準は、真面目さとやる気である。
引きこもりの人は、このどちらも備えている人が多い。
真面目なゆえに引きこもりになっているし、強いやる気を持っているひとが多いのだ。
ただ、その表現が上手くないし、対人関係に慣れていないのでトレーニングが必要だ。

朝、起きられない
通勤の電車が苦手
休憩時に他のスタッフに気疲れする
人の目が見れない
反応が薄い

などを理解して、少しずつ慣れてもらう必要がある。
はじめは少し面倒だが、慣れてもらえれば戦力になることが多い。

誰でも、ずっと家にいて他人と接していなければ、慣れるのに時間がかかる。
うちのホテルでは、そう思っていきなり働くのでなく、はじめは慣れてもらうことに徹している。
ラブホテルは、引きこもりの人に向いている仕事なんだと思う。
サービス業だけど、接客がほとんどないからだ。

(中略)

うちは小さな会社だから、引きこもりの人を支援しようというつもりでなく、戦力になるから採用している。

ひきこもりが働く上で必要な、企業からのサポートとは何か

このブログを読んで、ひきこもりの人が働く上で、企業側に必要なサポートは下記ではないかと思いました。

・親が面接を申し込んでも気にしないこと
・面接や初日の勤務が最も精神的に負担だろうから、面接時間や勤務時間などをアバウトに設定すること
・勤務に慣れるまで様子を見ること

普通の企業から見ると、特に1がハードルが高いかもしれません。
そのため、この点において支援者が、親と企業を結ぶ役割ができるといいと思います。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  6. 6

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

  7. 7

    立民と国民民主 代表質問で違い

    室橋 祐貴

  8. 8

    報酬減額も UberEats配達員の声

    連合

  9. 9

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  10. 10

    林業現場をダメにする国の補助金

    清水駿貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。