記事

香港人は犬で鞭でしつけることが必要?

 孔子の73代目の子孫だと自称している北京大学の孔慶東教授は、これまでも何度か問題発言を繰り返しておりますが、今回テレビで、大変「素晴らしい」発言をしてしまい、聞いていて唖然とするほどだったので、今日はこれについて少し。

1 孔慶東教授について

 事件に入る前に、孔慶東教授のことについてもう少し補足しておくと、彼の専攻は現在小説で、なかでも武侠小説を主に研究している方です。これとこれまでいろいろ問題発言などをしてきたことから「北大酔侠」というあだ名もつけられています。

 ちなみに昨年11月も、中国でメディアの締め付けを強化しようとしたとき、これを批判した『南方人物週刊』に対し、f○ck your motherの中国語に相当する言葉を投げかけたり、「記者は中国の公害だ」とまで述べました。

 以前私も「「カンフー・パンダ2」に対する中国人の複雑な感情」で、孔教授の「ハリウッドは中国の様式を持ち去っただけでなく、それを用いて中国を征服しようとしているとか、ハリウッドは中国人から金を稼いだだけでなく、洗脳して心(精神面)も征服しようとしている」という独特の主張を紹介したことがあります。

2 香港地下鉄内飲食事件

 前置きが長くなってしまいましたが、今回の発言にはもう1つ紹介すべき事件があります。それは、今年1月15日に発生した、香港では飲食が禁止されている地下鉄車内で、大陸から来た女性が子供にお菓子を食べさせていたところ、それを注意した地元の方と公論になったという事件です。

 結局最後は、係員が来て、大陸から来た女性がこうしたきまりを知らなかったこともあり、本来罰金のところを注意されただけで帰されたという、別に大したことないものでした。しかし、この様子が動画サイトに投稿されるや、かなり話題となってしまいました。

 香港の人にしてみれば、ここのところ大陸から来た人たちが、増えていることに対する反感もあったのか、それを象徴する地下鉄内での飲食をする大陸の人たちに対する非難の声があがりました。そうすると当然それに反発する者も出て来ておりました。

3 孔教授の発言

 そうしたことを踏まえ、これについて、どう思うかということをテレビ番組で北京大学の孔慶東教授に聞いたわけです。テレビ局としてはこれまでの彼の発言を踏まえ、また面白いことを言ってくれると思っていたのでしょうが、彼をなめていたということでしょうか。



 以下に彼の発言の趣旨をまとめてきます。

 中国には標準語(「普通語」)と方言がある。標準語を話す者は方言を話す義務はないが、中国人は標準語を話す義務がある。ではわざと標準語話さない者は何か?「大馬鹿野郎」だ。

 香港人がそうで、彼らに対し「中国人と思うか?」と聞いてみると、彼らは「自分たちは香港人だ」と答えるだろう。

 香港にも良い人がいることは知っているが、多くの香港人はイギリス人に飼い慣らされた犬で、今に至るまで犬だ。まさに魯迅が当時いろいろな規則を知らない田舎者を馬鹿にして上海人と同じで、彼らは帝国主義の前では犬となるが、中国人の前では狼となる。

 従ってこれは植民地主義の後遺症で、香港には「法制」という長所がある。これはイギリス人が残していったものだが、当時イギリス人は香港の犬をしつけるために鞭を使った。鞭を出せば彼らはおとなしくなった。

 北京は鞭を使っていない(だからだめなのだ)。香港は中国に戻ってきたというが、心は戻っておらず、植民地の後遺症で犬のままで、大陸から者に対しては突然狼となる。

 言葉も規則もわからない者に対し、こうした処理をすべきか。知らなかったのだから教えてあげれば良いではないか。彼らはアメリカ人や日本人に対しても同じようなことをするだろうか。私は聞いたことがない。

 それに、香港人は大陸人をどうこう言える程文明的だろうか。香港のガイドや店員はどうか(※)、だからこそ再度言おう、香港人は犬であると。

 (※)大陸の中国人が、安いパックツアーを利用して香港に行くと、無理矢理買い物をする場所に連れて行かれて、かなりの時間拘束されたり、そこで買わないと怒鳴るなどといったことがあり、問題になったことがあります。
 

4 香港人の反感

 思うに、今まで香港という中国大陸より明らかに経済的に発展したところが、最近に経済発展で大陸に追いつかれ、そこに大陸から金を持った多くの(彼らにしてみれば文明的でないところもある)中国人が大挙して押しかけて来ていることに対する反感が背景にあると考えます。

 実際1月8日も香港の有名ブランド店「ドルチェ&ガッバーナ」前に数千人の香港市民が集まり、大騒ぎになるという事件が発生しております。これは大陸からこうしたブランド店に買い物に来ている人のために、店側が店頭での写真撮影を禁止されてことに反発して起こったもので、明らかに中国大陸に対する反感が原因となっているものです。

 昨日の記事(「中国人海外旅行客の買い物の評判」)でも、金を持っているだけではダメという批判を世界各国から受けている中国人のことを書きましたが、これもある意味その延長にあるものかと考えます。

 なお、孔教授の発言も後半を見ると言わんとすることはわかるのですが、「犬」はないだろうという感じで、やってしまったというところでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    舛添氏 韓国に侮辱的な対応せよ

    AbemaTIMES

  3. 3

    韓国大統領は平和賞推薦文書かず

    舛添要一

  4. 4

    対韓世論悪化 差し押さえで爆発?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  6. 6

    GW10連休 民間にとっては邪魔

    川北英隆

  7. 7

    安倍首相 選挙に5回勝ったと野次

    立憲民主党

  8. 8

    韓国の反日 日本に原因はない?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    非正規増加は小泉政権の責任か

    竹中正治

  10. 10

    「マジ卍」立民議員が若者と交流

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。