記事

立憲民主、ギャンブル依存対策について勉強してないのがバレバレ

立憲民主党の山内議員が以下のようなエントリを書いています。

カジノ法案とアベノミクス
http://blogos.com/article/299649/

いま国会ではカジノ法案が議論されています。日本は先進国でギャンブル依存症の割合が高い国です。厚生労働省の調査によれば、病的賭博の推定有病率は、男性で9.6%、女性で1.6%とされており、先進国平均の1.5~2.5%に比べて極めて高い水準です。


なんか、立憲民主党がギャンブル依存対策について勉強してないのが如実にわかるエントリですね。
山内議員が引用している「病的賭博の推定有病率は、男性で9.6%、女性で1.6%とされており」という数字は、2013年に国立久里浜医療センターによって行なわれた疫学調査の結果でありますが、この発表直後から関連する学会の中ではこの数字の信憑性を巡って大きな疑義が示され、その疑義を受けて田村厚生労働大臣(当時)からその内容に関して「分析が不十分である」との会見まで開かれた数字であります。

その後、2017年に先になされた調査の追調査が行なわれるわけですが、当該調査において「男性6.7%、女性0.6%」と、その数値に関して事実上の撤回が行なわれています。

諸外国の数値との比較に関しても「各国ごとに調査手法が異なるため、単純比較はできない」とされており、このことは本日衆院で可決されたギャンブル等依存症対策基本法案の審議の中でも繰り返し上記調査にあたった久里浜医療センターのセンター長から説明が行なわれているものであります。

訂正をされる前の古い調査を用い、国会審議の中で何度も否定された「国際的な数値との単純比較」を用いて政策批判を展開するとか、立憲民主党の議員さんはギャンブル依存対策についてマジメに勉強をしていないことが丸判りのエントリであると言えます。非常に残念ですね。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  3. 3

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  7. 7

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  8. 8

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。