記事

属国民の頼る葉っぱの小舟

アメリカは他国を戦争に追い込むことが非常に上手い国なので、もう北朝鮮と戦争をやる覚悟を決めているのかもしれない。
トランプ氏にとっては自国内の支持率を上げるために、北朝鮮との戦争は最も有効なカードだ。

どう考えても、「検証可能で後戻りできない核廃棄」という選択肢を北朝鮮はとらないだろう。
せいぜい「段階的な核廃棄」を口実に、「終戦協定」を結んで、経済援助を引き出し、韓国内の米軍撤退を促す、それが北朝鮮の狙いだ。
「段階的な核廃棄」は、すなわち「核の再開発・再配備」を担保することになる。

北朝鮮と戦争になれば、日本の米軍基地が最大限に利用され、日本は自動的に「交戦国」になる。
憲法9条2項で、「国の交戦権は認めない」とあるが、何の意味もない。
日米同盟があるし、集団的自衛権は認められたし、もう米国の要請を断ることはできない。

こんなときに「憲法」について、もっと熟議しておこうという機運が生まれないのは、不思議なことだ。
ある意味、安倍政権が「自衛隊明記」で自衛隊に誇りを持たせるなどと、近視眼的で平和ボケな改憲案を出して、なおかつ国民投票で、可決されても否決されても、何も変わらないなどとトボケたことを言っていること自体が、日本国民に惰眠を貪る余裕を与えている。

森友・加計問題ばっかりやってる場合かと、エセ保守どもは言うが、それを言うなら「自衛隊明記」なんか言ってる場合かと、わしは言いたい。
大局観に立った憲法論議をやっておかないと、日本なんか世界の暴風雨に曝されて右往左往するだけの葉っぱの小舟みたいなものだ。

右派も左派も日本を自立させるためには阻害要因でしかない。
属国民はもう手遅れなのか?

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  3. 3

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  7. 7

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  8. 8

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。